02/01/29
くしゃみをしたらびっくりするほどたくさんのよだれを垂らしてしまいました。どこにあんなにため込んでいるんでしょうね?人間とはすごいものです。
ため込むと言えば、携帯電話のメモリー、最近特に、数字を出しての宣伝が見られるようになってきました。「大容量1.6メガメモリー!メールも写真もたっぷり保存!」とまあ、こんなところです。こういう売り文句を見ていると、TESORO時代なら、「いいなあ、うらやましいなあ」と思っていたことでしょう。初代TESOROは合計300kB程度のメモリーしかありませんでした。新TESOROは、はっきりとわかりませんが、どうやら600kB以上はあるようです。それでも、画像やfeelSoundが増えてくると苦しい容量。やっぱり、うらやましいなあ、です。しかし、今持っているKX-HV200、これが、内蔵メモリが、結構すごい量あるようです。よくわかりません(フルまで使い切ったことがない)が、500kB以上は堅いようです。しかしそれに加えて、SDカード。なぜ内蔵メモリを使いきったことがないかというと、ここにポイントがあります。今32MBのカードを使っていますが、SoundMarketの曲2曲とコンテンツ(feelSound、カラオケetc)たくさん、画像はすでに100枚近く保存していますが、よゆー。おかげで、今となっては上記のような広告を見ても、「1.6メガしかないんだー、カワイソー」となってしまいます。なぜ携帯はメモリカードスロットを搭載しないのか?最近ようやく出てきましたが、ドコモほどの開発費のあるところなら1年以上前に実現できていたことでしょう。なぜ?それは、何より、携帯が扱うことができるデータ量がPHSよりも1桁小さいと言うところにあります。今、携帯の写真と言えばjpegが当たり前。なのに、Dポは贅沢にbmpを使っています。bmpは非圧縮なので数倍以上の容量を食います。なぜそれが可能なのか、それはPHSの通信性能の懐の深さからなのです。一方携帯側は、通信性能があまりに貧弱なので、代わりに端末に高価でハイパワーのプロセッサを載せ、jpeg圧縮することで通信性能の貧弱さを補っています。どうでしょう?これでもしPHSの少ない開発費でも使えるほど安いハイパワープロセッサが出てきたらどうなるでしょうか?わざわざ結論を確必要はないですね♪。



02/01/27
ちょっと日付が飛んじゃいましたね。間に、AH-G10の発売を挟んでしまいました。で、発売日なんですが、私は別の用事で何となく電気屋に行って、ん?、あの見たことのない通信カードらしきものは・・・?と言う感じで、気づきました、発売されているのを。うーん、見た目ですが・・・かっこわるい(笑)。歴代AirH”(と言うほど数はないですが)では、最低に位置します(本多エレクトロンの方、ごめんなさい)。一番かっこいいのは、やっぱりなんと言ってもRH2000P。異論のある方は大勢いそうですが、とにかく、真っ白の筐体からスカイブルーのアンテナが伸びていて、まさにAirH”カラーでかっこいいです。筐体に浮き彫りされたAirH”の文字もポイント高し。二番は、小ささでCFE-02。小さくまとまった黒はちょっとしたおしゃれにも見えて、PDAで使うのにとてもグー。三番目が・・・微妙ですが、初代AirH”、MC-P300。ちょっとはみ出し部が大きい気もしますが、全体としてのまとまり感はあります。で、件の(笑)AH-G10ですが、悪くないんですよ、アンテナを折り畳んでいると。まとまり感で言えば、むしろMC-P300よりはみ出し部は小さいし、黒のシックな感じがきゅっと締まった感じを醸し出しています。ところが。アンテナを立てると、なんだか、周りのプラスチックカバーが角柱の形で、ごっそりと立っちゃうんですよね。しかも、残された部分が、また、四角い形にえぐられたような形で、微妙に枠が残ってるんです。これはいただけません。どうせやるなら、その微妙な枠の部分が残らないようにして欲しかった。もちろん、収納時の耐衝撃性とかを考えてそう言う形になったんでしょうが。あと、アンテナカバー、四角はやめて欲しかった(笑)。丸形で、先に行くほどやや細くなる、なんというか、ロケット型っぽいのがよかったですねえ。128kつなぎ放題のすごさがわかっている人なら買いますが、「128k」とか「つなぎ放題」とかに興味ない(というよりそう言うサービスの存在を知らない)、ただ何となく通信カードを探している人が思わず見た目で興味を持ち、そしてそのサービスにも興味を持って買っちゃう、そう言うデザインじゃないと今後は(P-in勢に)勝てないと思うんですが・・・どうでしょう?



02/01/23
AirH”128k、実際の速度がどのくらい出るのか興味深いですね。たとえば、今の回線、時間帯にもよりますが、大体平均して20kbpsというところですか。単純に4倍すれば80kbps程度。ただ、実際にこの速度が体感できるのかどうかは結構疑問です。と言うのも、今のAirH”で、通信速度がひどく落ちるとき、これが実は明らかに無線区間より上の有線区間のどこかで滞っている節が見られるからです。また、プロバイダによる差もかなり大きいようで、DDIポケットのパケット網か、パケット網とプロバイダの接続点の容量が足りていないように感じられます。たびたび回線増強工事は行っているようですが、あるところから速度がさほど改善しないようになってきました。特にDIONでは、曜日を問わず毎日23時から突然回線が不安定になって、スループットもあきれるほど落ちてしまうので、問題はプロバイダである可能性が高いです(それ以外の時間帯はずーっと理論値いっぱい29kbpsが出る)。プロバイダ側での考え方として、ADSLなどは大容量の専用線を贅沢に割り当てるが、AirH”はさほど帯域を必要としないだろうから同程度の「テレホーダイ」用の回線を共有しちゃえ、と言うのがあるのかもしれません。そうでもないと、ほぼ常時接続でどの時間でも均等に利用があるはず(むしろビジネスマンの利用が多いと考えれば夜間は利用が減るはず)のAirH”が23時から突然繋がらなくなることが説明できません。もしそうなら、128k開始時に、プロバイダ(DION)は回線増強(換装)をしてくれるのか、とても心配なところです。
とにもかくにも、128kになったら、32kの時よりもさらにプロバイダを慎重に選ぶ必要が出てきそうです。プロバイダレビューはmemn0ckさんのところでやっていますので、一度どうぞ。



02/01/20(20時再更新)
うーん、あれを買ってしまいました。と、いきなり言ってもわからないと思うのですが、パナソニックのデジタルカメラLumixです。結構な値段でしたが、なんだか電気屋に行った日がたまたまキャンペーン中で64Mのメモリーカードをサービス、とのこと。しかも二日間だけ。しかし、SDメモリーカードは明らかにほかのメモリーカードより高いもの。「このデジカメ・・・SDですけど、本当に64Mのカードもらえるんですか・・・?」おそるおそる聞いてみると、店員も少し戸惑いつつ、今確認します、と走り去る。で、「OKです」。わーい、これは、行くしかないでしょ!ということで、買ってしまいました。最近はデビッドカードも使えるので手持ちがなくてもつい衝動買いができてしまって便利でありつつ恐ろしいですね。
で、なんでこのデジカメを買おうと思ったのか、というと、一つ目はSDメモリーカードによる連携。KX-HV200とすこぶる相性がいいのです。撮った画像をそのままSDカード経由で壁紙にしたり、またはメールで送信したり。さらに、シリアルケーブルをイヤホンマイク端子に繋ぐと、トレバ仕様の信号で画像を取り込めるのです!さすがにサイズもトレバサイズですが、画像の明るさ、クリアさが全然違います。ただし、どうやらリアルタイム撮影には対応していない模様。撮影済みの画像を取り込むのみ。でも、面倒な設定はいっさい必要なく、どうも、デジカメのメモリ内画像参照中は常にトレバ信号がシリアル出力から出ているようです。あと、この方法による転送は一応機種を選ばないようなので、feel機ならどれでもOK。信号はフルカラーなので、後は端末側の減色処理の性能によって美しさが変わりそうです。やっぱり一番いいのはTESORODDでしょうか。次がKX-HV200で、三番手は初代TESORO。初代TESOROの減色処理は(256色としては)絶妙で、PCでの閲覧に十分耐えうる品質です。TESOROの唯一の難点は、PCに送る方法がメールしかないところでしょうか。というわけで、このデジカメ、結構遊べそうです。また、デジカメとしての性能もなかなか。やっぱりコンパクトさとSDカードによる連携に注力しているせいか、同等他社機種と比べると見劣りする面もありますが、HPの素材として使ったり、PCのモニタ上で鑑賞する分には十分な性能です。評価としては「少しおすすめ」(7/10点)。もらえた64kSDカードはサウンドマーケットにも使えるので得した気分、と言うことで個人的な満足度は「とてもよい」(9/10点)です。



02/01/18
またまた独り言ネタになりますが、昨日のこのページのアクセス、すごかったです。なんと650PV!!このサイト始まって以来の記録となってしまいました。やっぱり、128パケット発表で、AirH”で検索かけた人がまんまとだまされてここに大挙してやってきたんでしょうね。その中には本当にニュースを求めてここにやってきた人もいるかもしれないですが、何度も言いますがここはニュースサイトではありません(笑)。すでに一般に向けて発表されたニュースやサービスを元に勝手にヨタ話を展開するサイトです(笑)。ということで、過度に期待しないでね♪・・・と。
で、128kパケットなんですが、安定性はいかがなものか、ちょっと気になりますね。私は、たぶん今より上がる(今の4倍(笑)になるはず)と思っています。4チャンネルすべてをフレキシブルに張り切りできるなら、何ですけどね。ただ、移動中の安定性は確実に上がるはず。すべてのチャンネルがそれぞれ電界強度を監視して、最適な基地局をサーチするわけですから。つまり、H”の2倍(笑)。とはいえ、あるチャンネルがハンドオーバ処理を始めるとすべてのチャンネルの送受信が停止する、なんて言う仕様だと、(通信速度の)安定性はかえって落ちるはず。これはあり得ない話ではなくて、というのも、4つの基地局で、どのパケットをどの基地局から流すか、というネゴシエーションを絶対やっているはずなので、どこかの基地局がハンドオーバでいなくなる(または新規に加わる)と、再度ネゴし直す必要が出てくることになり、そうすると、その間はデータが流れない、という仕様であるのが自然なわけですね。どっちなのか、とても気になります。なにせ、特急でよく使うんですが、ハンドオーバ処理を始めるとなかなかデータが流れるようにならないので。4チャンネルが異なるタイミングでハンドオーバを繰り返していれば全く流れなくなる時間帯(ストレス時間帯と命名)がほとんどなくなるはずです。そうなると便利なんですが・・・どうなんでしょ?



02/01/17
今日ここがアレのネタじゃなかったらちょっとまずいですよね。そう、アレです。というか、まあ、トップに大きく取り上げましたが、AirH”の128kbps対応のプレスリリースです。開始時期も、料金もほぼ私の予想通り。誰か誉めて(笑)。ただし、128kbpsパケット専用料金コースが新設されるわけではなく、従来のつなぎ放題コースにオプションを付ける形式。オプションなので、例によって年間契約、長期契約による割引は効きません。残念。対応端末は、本田エレクトロンAH-G10。仕様を見てみると、このカード端末、どうやらパケット専用端末のようです。つまり、従来の回線交換通信は一切できないと言うこと。128kに対応したと言う優位性はありますが、PHS端末としてはもっとも機能が制限された機器となります(制御チャネルの通信機能しか持たない)。と言うより、この端末、PHSと呼んでいいのか?(笑)。PHSネットワークを利用した無線通信端末の一種、と言った方が正しいような。もちろんPHS番号(070-なんとか)はもらえますが、オンラインサインアップに接続できないので、Eメールアドレスはもらえません。機種変で手に入れようと思っている人、機種変更する前にメールアドレスはとって置いた方がいいですよ。ただしその後のメンテナンスはできませんが。
ところで、私はモニターサービスには応募しません。なぜって、1月25日から2月17日までにカードを手に入れなきゃならないから。できれば今の回線をそのまま使って長期割引を早く大きくしたいので、新規契約はしたくないからです。もちろん、店によっては+1万円で機種変更できますが、そこまで急がなくても、今のサービスで満足ですし、どうせモニターは2月26日から、つまり、たった1ヶ月早いだけなんです。その1ヶ月のために1万円を払うか・・・無理っす(笑)。と言うことで、このページでは(たぶん)レビューはありません。あしからず。



02/01/16
さて、今回ほんとの独り言。このサイト、毎日訪ねてくれている方が結構いらっしゃいますが、そんなに更新してないです、済みません(笑)。このサイトは一応情報系サイトですが、ニュースサイトではないので、最新情報を期待されている方には退屈かもしれないですよ。このサイトは、1%の情報と99%の私のヨタ話(笑)からできています。それを承知できている皆様・・・ひょっとして私のファンですか?(爆)。と言う冗談はさておき、情報源としては、goさんのページや2chを使うというのも一つの手。ただし、2chは「かなり」怪しい情報が飛び交っています。いかにも本当らしい(ウソの)話をまことしやかに語る連中のなんと多いことか・・・(笑)。ただ、その中の1%は確実に本当の話なので、非常に貴重な情報源になること請け合い。ただし、私のページでは2ch由来の情報は「一切」掲載しません。ガセ情報をお伝えしては申し訳ありませんので・・・。ともかく、最近ページビューがどんどん増えているので、更新がんばらなきゃなあ、と思う今日この頃です。
・・・あ、今日はオチはないです(苦笑)。



00/00/00
過去ログ一覧へ