02/04/29
と言うことで、たぶんこの文章が引っ越し前、及び、2002年4月の最後のテキストになりそうです。一年間住んだこの部屋にも、振り返ってみればいろんな愛着が・・・無いなぁ(爆)。変な虫がでたり、畳の隅に変な虫がいたり、窓の外を変な虫が走り抜けていったり、同棟の知人の部屋に変な虫が大量発生したり・・・。もう、はっきり言って出られてうれしいな、と言うのしか無いです。はい。唯一の難点は、お金がかかることですねぇ。家賃は会社から結構補助が出るんですが、問題は向こうでの勤務が終わったらまた戻って来たとき。そのころまでには家賃全部払えるくらい給料上がってると良いなあ・・・(笑)。
しかしまあ、お金がかかるとはいえ、とりあえずNTTにはびた一文払う気はありません(笑)。とりあえず後3年間は、払わないつもりです。いわゆる「電話加入権」の問題が片づかない限りは、ですけどね。あの電話加入権、ってのは、元を正せば、電話線、交換局などの電話施設を利用するために、その施設の整備費を一部負担する、と言うのが元々の名目でした。そりゃもう大昔、電話線がまだすべての家庭まで届いていなかったような時代の話です。その設備の整備費が利用料でペイしてしまえば返還するのが道理ってものです。ところが、NTT、いま何やってます?加入者から巻き上げた諸費(もちろん加入権料含む)を使ってせっせと光ファイバーを引き回しています。他の新規事業者がまじめに銀行から融資を受けてやっているのに、ですよ。しかも、こともあろうか、加入権料返還の問題が出てきたら、「いま返還なんて話になると会社がつぶれちゃうからやめて」と来た。「民間企業」の口から出る言葉じゃないですよね。借りたものは返す。当たり前のことです。彼らは未だに国営企業のつもりでいるんです。税金と同じで、お金は黙っていれば懐に入ってくるんです、彼らにとっては。一説では余剰設備・人員は数百パーセントだとか。少し前にリストラの話がありましたが、氷山の一角ですよ、あんなものは。こんな会社にお金を払っても、結局有効利用されずに消えてしまうかと思うととてもじゃないけど払う気にはなれません。ですから、彼らがよりまっとうな企業になった暁には、私は喜んでNTTにお金を払うようになることでしょう。私は、彼らにわずかなお金をやりくりする大変さを経験し、ユーザ様のお金が以下に尊いか学ぶことでよりよい会社になれるよう、もう少しの間お金を払わずにいようと思っているわけなんですよ。ええ、もちろんウソですけど。



02/04/28
今日は朝から右翼っぽい街宣車の音楽が聞こえてきます。たぶん来週に向けての予行演習みたいなものなのかな?一カ所に止まってずーっと音楽をならしています。まあ、軍歌とかそういうものが聞こえてくるのは割とふつーですが、なぜに「氷川きよし」なのか?あの黒塗りの街宣車で「やだねったら、やだね~~」と来られても困るんですけど(笑)。思わず「なにがいやなの~!?」とツッコミを入れそうになりつつ、よく考えたら来週はもうこの地にはいないということに気づいてちょっと残念(ナニー!?)。
やだね、と言えば、ドコモPHS(なぜに・・・)。撤退か、といいながらやっぱり続けるんですよね。まあ、そりゃ分かってますけど。ドコモPHSがないとFOMAが売れませんから。え、論理が破綻している?いえいえ、そんなことはありません。FOMAって、なんですか?次世代携帯の元々の売りとも言える国際ローミングには未対応で、ただ高速通信ができるだけ。そう、FOMAはデータ通信レートが高いこと以外に特徴はないわけです。つまり、本当に実用として使うとしたら、データ通信以外には使い道はないんですが、いまいちその用途ではぱっとしないみたいです。ここで、もしドコモPHSがなくなってしまったら、それこそおじゃんな訳です。だって、安くて速くて高品質のH”があるでしょ?FOMAのデータ通信なんて見向きもされませんよ。ところが、ドコモPHSがあれば、ドコモPHSを使ったユーザは、「なんだよ、PHSって、ちょっと速いだけですぐ切れるし繋がらないし、ダメだな、やっぱりFOMAかな。」と思うでしょう?違いますか?(爆)。だから、ドコモはFOMAを売るためにもPHSサービスを大赤字のまま続けていくでしょう。その赤字、ドコモ内では実は「FOMA販促費」で処理されてたりして(毒)。



02/04/26
いよいよ引っ越しが迫ってきました。で、やっぱり気になるのが引っ越し先の通信環境。128k掲示板で1局2チャネル対応か!?という噂も出てきて、ますます気になります。この1局2チャネル、128kAirの通信チャネルが一気に2倍になると言う恐ろしい改修です。これまで無線区間の混雑で痛い思いをしてきた人々にはなかなかうれしい改修ではないでしょうか。かくいう私もそうなんですが。何せ、現在の環境は、AH-G10の保守機能による表示では電界強度5の基地局を8つも掴んでいます。めちゃくちゃいいです。なのに、えらく混雑しています。それだけAirユーザがうじゃうじゃいると言うことなんですが、これが、半分に緩和される、と言うだけでもえらい違いです。ただ問題が一つあって、ノーマルのAirユーザは今回の改修で増えた部分を使用できない、と言うこと(従来の32kカードのファームウェアアップデートのお知らせがないことから明らかですよね)。つまり、32kつなぎ放題のユーザは相変わらず少ない帯域の取り合いを続けるということ。あれ、ちょっと待てよ、それじゃあ、128にも当然影響が出てきますよね?なぜって、128パケット、確かに改修で増えた部分のチャネルを利用できますが、増えた分「だけ」の利用はできません(たぶん・・・これも32kユーザが拡張チャネルを利用できないことからの憶測ですが)。つまり、従来のチャネルに+αする形で増えた分を利用でき、混雑を解消できる、という図式なんですが、従来のチャネルは32kAirユーザでひしめきあっています。そして、もっとも遅いチャネルに引きずられるという128kのマルチリンク方式では、もろに従来チャネルの影響を受けてしまいます。・・・結局、速度自体はこれまでとさほど変化無し(せいぜい数%改善する程度)なんじゃないかなーと私はにらんでいます。でも、いいか、来週にはこの寮ともおさらばだし♪(よくなーい!!)



02/04/24
毎月通信量の統計を取っていると言う話は・・・ここではたぶんしてないですが、「毎月更新!今月の電話代!?」のコーナーを見ればおわかりの通り。ところが、今月、WinXPのPCに買い換えてから困ったことが起きました。以前使っていたDialUp WatcherがNT系での通信量測定に未対応のため通信量がとれなくなってしまったのです。で、とりあえずNT系でも通信量の統計が取れるソフトを、と思って、一番お手軽でいいな、と思ったのがAirGearZ。なかなかスグレモノのツールです。リンク先は・・・えーと、ちょっと調べておきます(苦笑)。検索サイトでキーワード検索すればすぐ出てきますのでご安心を。と言うことで4月の統計はこのソフトで取らせてもらいました。で、そんな折り、au(KDDI)が、cdmaOne向けにパケットカウンターを配っているという話。もちろんNT系にも対応ですし、積算表示もできます。ちょっと便利。しかも、リアルタイムでパケット料金(!)が表示されるため、なかなか面白いです。試しに使ってみたのですが、普通にダイアルアップして約10分間、ネットサーフィンしてみました。料金がめりめり増えます。結果600円超。たった10分でですよ。驚きです。128kbpsと言う高速だから、と言ういいわけも、じゃあ1xの144kbpsだったらどうなるんだ?と切りかえされたりして。いや、これを使ってみて、心の底から、パケット課金でインターネット接続(ネットサーフィン)はやりたくないなぁ、と思いましたね。1xもFOMAも、いくら高速でもパケット課金である限りメール送受信程度しか使い道はない、と断言しちゃいます。優秀な通信システムを悪辣な料金システムが潰してしまう・・・何とももったいない話です。



02/04/23
最近この一言を書くためのネタでコラムのネタを食い尽くしております。自爆モード真っ盛りです。こちらを一番の売りコンテンツにしようかな(オイ)。
だいぶ前になるのですが、携帯電話(ドコモだったかな?)で、いわゆる「音声認識サービス」と言うのが始まると言う話がありましたね。これはどういうことかというと、たとえば鉄道経路案内サービスだったとすると、「出発駅は?」と聞かれたら電話口で「東京!」と口頭で答えるというもの。確かにiモードなどに比べるとややこしいキー入力などの手間が省けて、高年齢層には受けそうです。ただ、あのくそのような良いとは言えない音質でこれが果たして実現できるのか?と言う素朴な疑問が出てくるわけですね。ですが、携帯電話のコーデックのしくみを考えれば、割と話は簡単なわけです。と言うのも、携帯電話の声、実際は音素に分解されて送信されていますので、サービスプロバイダ側では実際の音声に組み立て直す前に処理するようにすればある程度認識制度は確保できるはずです。もちろんこういう研究も日夜されていることでしょう。ですけどね、あのね、PHSのADPCMだったらね、従来の公衆電話向けサービスがね、そのまま使えるんですよね、そのくらいの音質はあるんですよね、それができない携帯がやっぱりおかしいんですよね、何でまずPHSで始めないんでしょうね。ま、理由はDポにはお金もうまみもないからなんですが・・・(自爆)。



02/04/21
先日ここで話したDIONのお好み着信がおかしい話。サポートの方からの返事で「ウイルスに似たコードの添付ファイルをはじいてしまうのは仕様ですので仕方がありません」とのこと。まあ、日に何万通ものメールを処理していますから、それ以上の細やかなサービスは期待できない、と言うことですね。早速お好み着信サービスを解約しました。一件落着。
さて、Jがauを追い抜いたという話題が世間を駆け抜けてから久しくなってきました。Jの勝因は、まあいろいろあるにしても、第一に「写メール」と言うことなんでしょうね。なかなかどうして、Jもうまい商売をしています。今後徐々にパケット化をしていくとのことで、「写メール(パケット)」で大儲けを企んでいる感もあります(笑)。で、なんですが、なぜ、単に「写真を撮って送れる」と言うだけのサービスであんなに大ヒットしたのか?が問題です。なぜって、そりゃ、DポはJより遙かに前(1年半以上前)から写真付きメールを送ることができましたし(ビジュアルフォン、またはpocketE+PDX機、受信だけなら全PDX端末)、Jが初めてカメラ付き端末を出したほぼ同時期にはH”全端末のカメラユニット対応を果たしていましたし、しかも料金もJより安い。んで、なぜDポはヒットしなかったのか?を探らなきゃならないんです。これは答えは意外と簡単で、Dポが少し謙虚なだけなんです。Dポにとって、写真貼付メールが送れるくらいは「当たり前」だったんですよ。だから、それをあえて宣伝しても仕方がないし、そんなことに宣伝費を使ってられない、と言うのも実状だったのでしょう。ところが、Jはそれに「写メール」なんていう大層な名前を付けて大々的に押し出して大成功しました。何度もいいますが、Dポは宣伝が下手です。このサイトではこれを「Dポは非常に謙虚である」と読み替えていますが(笑)、そろそろ傲慢になってもいい時期ですよ。AirH”のCMなんて、AirH”のすごさの1%も伝えていません。ああいう感じの「イメージCM」的なものはドコモのような大企業がやって当たるものです。Dポはとにかく傲慢な主張を15秒間に詰め込めるだけ詰め込まなきゃならないんです。パンフレットももっと偉そうに自慢しなきゃならないんです。なぜそれができないんでしょうねぇ・・・。



02/04/19
今日はお休みで部屋の片づけをしております。雑多な荷物がだんだん箱に折り畳まれていくのはなかなか楽しいですね。部屋もだいぶきれいになって・・・押し入れ・・・開けたくないなあ(笑)。
さて、先日もちょこっと書きましたが、FOMA内蔵ルータ・・・じゃなかった、ルータ内蔵FOMA(笑)、本当に買う会社があるんでしょうか?・・・と思っていたら、先日、仕事の打ち合わせ中にその話になって、「うちもあんなの導入したら便利だよね」と上司に当たる人が・・・!「ええ、でも、あんなの使ったらパケット料金が100万円の単位でかかりますよ」と即座に説得しました。危ない危ない。会社組織ってのは、実際に決定する人が自分でお金を出す訳じゃないので、ああいうふざけたものに平気で金を出せちゃうんですよ。とかく、ドコモの法人向けサービスは高いのは、少々高くても世の中の(あまり認識がなく金持ちの)会社や、ドコモ自身が取り引きしている会社なら使ってくれるからです。FOMAも法人契約率は3割超・・・これはすごい数ですよ、コンシューマサービスとしては。とはいうものの、なぜFOMAが一般の人に受け入れられないのかと言う理由が、実は私がこれまで指摘してきたように「料金が高いから」じゃないんですよ。「エリアが狭いから」。使って見もせずに「エリアが狭い」と言う先入観だけで拒むこの姿勢・・・どこかで見ましたね。そう、PHSに対する偏見そのものです。私は、FOMAを完全に否定しているわけではないですよ、技術的にはまだまだ未熟で--以下検閲--ですが、さほど悪いものではないのです。ただ、それを運営する「ドコモ」と言う会社のユーザ無視の姿勢が気にくわないだけです。つまり、人を馬鹿にしたようなあの高料金が。しかし、そのエリアは、私は十分満足できるものだと思っています。最近会社で買った(これがいけない;笑)FOMAを持っていろんな場所に行きますが、確かにまだまだH”のエリアにもほど遠い感がありますが、通常の使用には問題ないと思いますよ。つまり、都市部を中心に行動するなら。「ケータイはエリアだ」と言う先入観を植え付けたのは・・・もちろんそういうキャンペーンを長らく続けてきたドコモなんですが、結局自分の首を絞めているみたいですね。次世代市場は一般の人には「エリアの狭いFOMAv.s.エリアの広い1x」と写っていますから。いくらここで私が「ケータイはエリアじゃない、あなた自身のニーズだ!」と力説しても・・・誰も分かっちゃくれないんでしょうね・・・。



02/04/18
さて、引っ越しの準備もいよいよ佳境を迎えて参りました。今日申し込んであった引っ越し業者から電話があり、具体的な時間も決まりました。後はいよいよ引っ越し日を迎えるだけです。そのころには1波2チャネルの改修も終わるでしょうから・・・いよいよ快適生活が始まりますよ。今のやたらとAirユーザの多い寮にいる限り、いまいち128kの本領を発揮できなくて・・・。
そうなんですよ、パケットネットワークの混雑具合が分かるサービスがDポのホームページで始まりましたが、あれはあくまで「パケット網」の混み具合。それより下の無線区間や、上位のプロバイダ側の混雑具合は入っていないわけです。今私のいる場所は、時間を問わず「快適」になっていますが、それでも夜間はやたらと遅い・・・と言うことは、無線区間での大混雑が考えられるわけです。もちろん、プロバイダが怪しいのもあるんですけどね・・・。最近、無線区間の混雑で速度が落ちる場合と、プロバイダ側で混雑している場合とを見分けられるようになってきました。無線区間が混雑している場合、ぱたたたっ・・・ぱたたたっ・・・と言う感じで、間欠的にデータが落ちてきます。一方、プロバイダが混んでいるときは、ぱら・・・ぱら・・・ぱら・・ぴたっ・・・しーん・・・ぱら・・ぱら・・。つまり、来るときもたまにしか来ないし、止まるとしばらくだんまり。こんな時は強制切断も結構あって、「あ、プロバイダが混んでるな・・・」と分かるわけです。で、これの判断の仕方なんですが、ちょっと、Air使っているとき耳をすませてみてください。よく分からないなら、イヤホンをつけて聞いても聞こえます。「しゃしゃしゃしゃ・・・」と言う感じの小さな音が聞こえませんか?これがパケットの音です(超問題発言)。実際はPC内部の処理音なので、AirH”のパケットではなくIPパケットの音になります。これがぱらぱらぱらっ、とか聞こえるわけで、「あー、データが落ちてきてるなー」と分かる訳なんですよ。高速回線だと埋もれちゃって聞こえないこんな音が意外と聞こえちゃうんですよね、面白いですよ。聞こえた方、是非ともご報告を(笑)。



02/04/17
使い始めて4ヶ月半を経過したKX-HV200ですが、どうもダメです。最初のうちは、そりゃ良かったわけです。画面はきれいだし、SDカードは面白いし、AirH”対応だし(使ったことないですが;笑)、とにかくケータイ最高峰クラスの端末だと思っていました。しかし、ダメなんです、そう、一番基本的な「通話性能」が。ぶっちゃけて言うと、切れます。ハンドオーバがめちゃめちゃ下手くそです。ちょっと弱電界になってしまうと、ぷつり・・・と音がとぎれたまま、切れてしまうことがよくあります。周囲に特に障害物があるわけでもないし、東京都内でばりばり圏内なのに、です。つまり、挙動がまるでド○モの携帯みたいなのです。ひどいものです。もちろん音自体は携帯とは比べものにならないくらいいいのですが、特性上弱電界に当たりやすいPHSですから、この弱点は致命的です。絶対新規ユーザには使って欲しくありません。「なんだ、PHSってやっぱりこんなもんか」と思われたらそれこそおしまいです。スタイルや機能にこだわるのもいいですが、最低限の性能は維持してもらいたいものです。最近は本気で旧TESOROへの機種変更(先祖帰り)を考えています。でも、もう少し(秋まで)我慢すれば京セラの新機種が手にはいるかも、と考えると踏み切れずにもいるんですが・・・。どうしたものでしょうね。TESOROからHV200に換えて同じ思いをした人、いないですか?TESOROが出来過ぎた端末だったのかなあ・・・?
トップページをきれいにしてみました。変なログ取りCGIを取り除いて、フレームを使わないページに変更です。相変わらずインラインフレームは使っていますが・・・(汗)。ご感想お待ちしています。メールか掲示板まで!



02/04/16
最近、DIONのお好み着信機能が変です。困ったことに、着信拒否したくないメールも着信拒否しちゃうようなのです。本文のキーワードで拒否をかけているんですが、そのキーワードは一時期悩まされたスパムに含まれる明らかに社会良俗に反する言葉。通常のメールのやりとりで使ったりしません。ですが、拒否されている雰囲気があるんですよ。一番怪しいとにらんでいるのがウイルスチェック機能。自分が出したなんの変哲もないjpgファイル添付メールが、帰って来ちゃったんですよね。BCCで自分にコピーしているので、そのBCCで届いたメールに対してウイルスチェックを行っているのでしょうが、それが「着信拒否されました」で帰って来ちゃうんですよ。謎です。PC上にもローカルのウィルスチェッカーは入れていますし、そんなことがあったあと大慌てでパターンファイルを更新してシステムチェックを入れましたが、捕獲できません。一方で、何匹かDIONのチェック機能を素通りして届いちゃって、ローカルチェッカーで捕まえた、なんてことも2度3度。DIONのお好み着信OFFにしようかなあ・・・タダじゃないし。
そのうち、ケータイにもウイルスとか届くようになるんでしょうね。今はまだそれほどでもないですが、そのうちケータイのCPUパワーや記憶容量がもっと上がり、JAVAとかでいろいろできるようになると、JAVAを使ったウイルスとか出てきそうな感じです。ごく普通のJAVAゲームにこっそりくっついてくるという感じで。そのゲームを起動するたびにどこかにメールを送ったり、とか。ゲームで遊んでいる間にこっそりネットに接続して(しかも接続確認メッセージはうまくゲーム中の確認メッセージに偽装)、メールアドレスを収集したり。一時問題になったのでブックマークとか電話帳にはアクセスできないでしょうからね。
と、書いていたらちょっと面白いニュースが。ルータとHUB内蔵FOMAだそうで、ぶぷっ。FOMA内蔵ルータじゃないの?というか、FOMA内蔵する意味は?LAN経由でISPに接続するならFOMAなんて不要ですし、FOMAのパケット通信を複数のPCで利用したりしたら、通信料金一ヶ月数百万円は確実でしょ。誰が導入するの?FOMAが「モバイル」環境では使えないと認めたのかな、ドコモ?(毒)



00/00/00
過去ログ一覧へ