02/11/14
えーと、DDIポケットが変なもの発表しましたね。あ、変なものなんて言ってごめんなさい。でも、変なんだもん、仕方が無いじゃないのさ~(つい口調まで変に・・・;汗)。いや、なにげにパケット課金になっちゃっています。まぁ、どちらかというと、元々パケット化する目的はiモードの10分の1程度のパケット課金だと昔は言っていたので、つなぎ放題経由でようやくここに落ち着いたという感じかも知れません。しかし・・・パケット課金は、恐くて使えないなぁ。このサービスを利用する方は32kで使うことを強くお勧めします(苦笑)。とはいえ、私も以前、「エントリーユーザ向けにデータ量課金コースを作るべきだ」なんてこの一言で言った記憶があるのでパケット課金に強く反対は出来ないんですが(汗)、でも、正直割高ですね~。ちょうど、auのミドルパックと同じ単位料金です。・・・というか、基本料的にもサービス的にも、かなりミドルパックとかぶってませんか・・・?。しかも、向こうは144kまであるし、エリアは広いし・・・パケコミ使うぐらいなら、ちょっと足してauで高速オプション+ミドルパックって方が良いんじゃないかと個人的には思ってしまったりします。従来の32kつなぎ放題5000円弱に比べて、こちらは4000円弱。千円の料金差の割には、ちょっと制約が強すぎるんじゃないかなぁ。超過分のパケット料金が0.01円ぐらいだったら、割といい料金だとは思うんですが(ちょっとぐらい超過しても気にせず使えるので、おまけ的収入も得やすいんじゃないかなぁ?)。この料金では携帯使うのとほとんど変わりません・・・auに対するアドバンテージは・・・CF型とかSD型が使えるってことぐらいかな?。まぁ、基本料金の絶対値=3995円、4000円を切るという値段で、どれだけの人がこれを使おうと思うか、ですね。ちなみに私の使い方だと10万円を超える勢いです。間違ってもコース変更はしません(爆)。ところで、このパケット課金、本当にパケット単位で課金してるんでしょうか?。私は、総通信量を128Byteで割り算してるだけなんじゃないかなぁ・・・と思うんですよねぇ・・・。なぜって、128Byteって言う単位が、いまいちPHSのいろんな数字と合致しないからです。たとえば、一番関係が有りそうなPIAFSの1フレームのペイロード長584bit(73Byte)とかその倍数だと全然割り切れもしない数字なんですよね。単に「パケット」ってのが携帯電話の方で通りの良い用語になっちゃってるので、単位として拝借しているだけなのではないかと思っています(実際はどうだか分かりませんけどね)。まぁとにかく、今回の新コースは、いろいろと「びみょー」だな~と思ったりしちゃったってことです。32kつなぎ放題があの値段まで下がるならすごい発表ではあると思いますが・・・でも単純に繋ぎ放題が50万人いたら月5億円の減収・・・そりゃ踏み切れないのもわかります・・・。


02/11/13
と言うことで、ずいぶん久々にTCA加入者速報で一言、と言ってみましょう。いえ、なんのことはないんですよ、単にネタがないだけです(自爆)。
まずは携帯電話。相変わらず伸びてはいますが、伸びの鈍化は隠せません。そんな中で、なんと、auの伸びがドコモに匹敵するほどになっています。この結果から言い切るのは難しいですが、ドコモからauへの乗り換えが結構あったと見て良いのではないでしょうか。auは9月から新端末ラッシュで、かなりにぎわいました。特に、カメラ付きではかなり個性的なものが勢揃いし、その辺がauの伸びを大幅に加速しているのでしょう。一方Jフォンは、まぁ、そんなもんかな、というところですね。Vodafoneに完全にブランドが移行してしまいますが、これが加入者数にどう影響が出るのか、楽しみです。ツーカー・・・減ってますね、相変わらず。かなり微妙な立場の事業者ですけど・・・今後、どうなっちゃうんでしょう。さて次にシステム別ですが、えー、PDCはそろそろ終わりそうです。auのPDC停波も目前に迫っていますし、ドコモも速く、au並のスピードでPDCを減らしたいところでしょうが・・・もちろん、その減った部分はW-CDMAに、となるんでしょうが、ドコモPDCが減らない理由はここですね、W-CDMAがたったの6000強ですか・・・。大幅に下方修正した今年度末32万の目標も、達成できるかは微妙と言えそうです。次、PHSいきましょう。DDIポケットは、微増ではありますが、東北での減少が相変わらずですね。また、音声は確実に減っているようで、Eメール利用者の減少数2万は確実に音声端末の減少と見て良いでしょう。一方、ドコモPHSは・・・と言うと、素で2万以上減っちゃってます・・・いや、定額が始まれば、このくらい一気に持ち直すでしょうが、それにしても、PHS全般の音声離れはちょっと嫌な感じですね。アステルも微増です。一時は大幅減少でどうなるかと思われた鷹山アステルも、少し取り戻した感じですね。ケイオプティはやや上げ止まった感はありますが、それでも総計30万以上、東京のそれを遙かに超えています。さすがといえますね。しかし、PHS全体がやはり減っていて、もう音声端末市場はほとんど無いようなもの・・・これでは新端末を投入しにくいのも分かります。ここ最近音声サービスに対していろいろやっているのは、実はデータに特化しているはずのDDIポケットだったりするのがなんともやりきれません。PHSの音声市場は閉じて欲しく無いなぁ・・・。と言うことで、今月のTCAで一言、終わりとさせていただきまーす。


02/11/12
まぁこんな仕事(どんな仕事だかは過去のログでも漁ってください;苦笑)をやっている役得ってのもあるんでしょうが、12月発売のFOMA最新機種を触りました。いや、ニュースで12月発売と流れたので、そろそろしゃべっちゃても良いかな、ということで・・・ダメそうだったらこの記事消します(笑)。
しかし、どこのメーカの機種か、についてはあえて伏せておきますが、本気で、やばいくらい、すごいです。すごすぎというか、ついヒネた見方をしちゃう私にとっては「おいおい、こんな機能いらんだろ?」とツッコミを入れたくなるぐらいすごいです。いや、冗談抜きに、それを持ってきてくれたドコモの人も「こんなに機能いらないよねー」なんて自爆ツッコミをしていたぐらいで(笑)。えーと、どのくらいすごいかというのを端的に示す指標として・・・PCと比較してみますか。えー・・・処理能力は、Pentium並み(以上?)あります。WinCEくらいなら余裕で走っちゃう能力です。いや、ほんとに。少なくとも、私の持っているHPC(MIPS系110MHz)よりははるかに処理能力は上です。はふぅ。いや、触ってて、がっくりしました(自分のHPCの弱さに)。もちろん、キャパシティがあるだけではなく、これでもかこれでもかと機能てんこもり・・・××した△△の○○○○や□□□□をスタンドアロンでやっちゃうのには本気で参りました(すみません、ここはさすがに伏せ字です)。いや、そんな機能を見せ付けられても、全然欲しいとは思わないのが我ながら不思議なんですが、これでころっといっちゃう人も続出だろうなぁ・・・と。ただ、いくらいろんな事が出来ても、そのデータのやり取りがFOMAのネットワーク越しにしか出来ないのかぁ・・・と考えると、なんだかもったいないなぁなんて思うくらいの話で(笑)。それから、その端末、「面白い機能」はたくさんありますが「便利な機能」はほとんど今より進化なしですね。結局「高価なおもちゃ」の域を出ないかな、というのが私の感想です。本当に便利な機能ってのは頻繁に使われるものじゃないですし、逆におもちゃ的機能の方が、ユーザも遊びと割り切って使うぶん、通信料も文句を言わずに払ってくれるってところでしょうね。世間では携帯電話のPDA化云々と言う話をよく聞きますが、結局、携帯電話というものが事業者にお金を落とすことを最終目的にしている限り、本当の意味でのPDAにはなり得ないのだろうなぁ・・・と感じちゃった今日このごろだったりします。


02/11/11
と言うことで、こっそりとPS-C2に機種変更して約一週間がたちました今日この頃、みなさまお元気でしょうか(爆)。
と言うことなんです。実は。こっそり、C2に機種変更してしまっていました。いや、多分この一言を隅々まで読んでくださっている方には「あ、やっぱり~」なんでしょうが、やっぱりHV200からPS-C2では、ちょっとあれ(?)ですよね。まぁいってしまえばデグレードしちゃってるわけです。intelligentH”(この言い方、Dポ正式じゃ無いみたいですね、DポもナントカH”ってのはもう懲りたってことかなぁ?)からfeelH”へのダウングレードですから、そりゃもう、普通に考えりゃ変ですよね。せっかくならeメール放題のHV210にすれば良かったのに、なんて言う声も聞こえてきちゃうかも知れないくらいのお話しなのですが、正直、「電話」として持っているものとしては、HV200はあまりにダメな端末でした。確かに、AirH”内蔵とかSDカード内蔵とか、すごいですよ。その上、210ではメール放題ですから、すごいどころじゃない。んですが、私が求めているのはあくまで「電話」。もしもし、はいはい、がまともに出来る機械がとにかく欲しいわけです。そうやってみると、ダイバーシチを搭載していなくて、ちょっと電波の弱い屋内などでは簡単にぶちぶちとノイズの乗るHV200は最悪でした。HV210でも(話に聞くと)無線周りの設計はほぼ同じものを使っているようなので、最初から選択肢の外です。京セラの次世代機が出るまで待とうかとも思いましたが、まだまだ相当時間がかかりそうなので、思い切って(?)PS-C2に変えちゃった、と言うわけです。で、その具合はいかがかというお話しですが、使って一週間、通話時間の合計は4時間を越えてしまいましたが(発着信それぞれ2時間くらい)、話していて全然疲れません。かなりいい感じです。筐体のデザインにも依るのかも知れませんが、まず、声が聞き取りやすい。それから、無用なノイズが基本的に0。これまでお話しにならなかったあの場所でも余裕です。最初からこの機械にしておけば・・・という感じです。情報ツールとしての利便性は愕然とするほど下がってしまいましたが、元々そう言う使い方はほとんどしていなかったのもあって、ほとんど不便は感じません。それより、音質の向上によるストレスの解消の方が遙かに効果は大きいです。あと、気のせいかも知れませんがライトメールの送信もちょっとスムーズになったような・・・(送信ボタンを押してから完了と出るまでが早い・・・?)。と言うことで、これから先、当分はこのPS-C2を愛機としてがんばって・・・C3がメール放題対応で出たら?。変えます(爆)。


02/11/07
ドコモ定例会見でPHS定額制開始に言及です。うーん・・・ちょっと、微妙ですね。私の予想としては、NTT東西と定額で接続できるしくみをなにかしら話し合っているものと思ったのですが・・・どうも、やっぱり線を共有するようなやり方を考えているみたいです。ただ、この記事の中で、PHS網から直でIP網に流し込む、というのは、一年前から言ってませんでしたっけ?(苦笑)。p-p@cの説明の時も全く同じことを言っていた気がするんですが・・・。それから、基地局~NTT交換機施設(加入者交換機)までのアクセスチャージについては、全く手つかずなんでしょうか。おそらく、交換機を使わないと言うことを条件に、この部分の利用料を大幅にディスカウントすると言う形に持っていくのでしょう。例のコラムの2ページ目のネタで言えば、(2)の最後の一文で言っていることをやって、定額を実現するとみて良いと思います。あとは、ひょっとすると特殊な基地局を開発して、データの有無に合わせてフレキシブルに接続・切断するようなしくみを取り入れる(これがおそらく、事実上パケット的扱いと言っている意味でしょう)と言うことも考えられます。ただ、この場合は(多分一部基地局はそのままオンラインでアップデート出来るのでしょうが)かなりの数の基地局の改修が必要なので、エリア限定となる可能性が高い気がします。上記方法でディスカウントが可能なら、DDIポケットは確実に同じ方法で対抗してくるはずです。まだドコモPHSの定額価格が公表されていないので何とも言い難いところですが、例のリークにある4千円台という値段に対抗するためには、DDIポケットとしても赤字ギリギリのところまで下げる必要が出てくると思われます。しかしまぁ、毎年何百億から何千億という赤字を出しているドコモPHS事業のどこに、こんな大改修を行うお金が残っていたんでしょうね?(微毒)。とまぁ、この辺はいくらでもマジックはありますし、なんとかなるとは思います。ドコモが来年春からと言ったら、本当に春からやるでしょうね。え、私ですか?・・・乗り換えようかなぁ(爆)。いやいや、乗り換えは冗談ですが、本当に(全部込みで)4千円台だったら、一回線サンプリングしてもいいなぁ、と、本当に思っています。Airと使い心地と値段で比較してみて、どちらにするか最終的に決めようと思います。・・・裏切り者~なんて声が聞こえてきそうですが(苦笑)、えーと、えーと、音声回線は捨てないので、それで勘弁して~・・・え、だめ?(汗)。


02/11/05
巨人が4連勝で松井が大リーグ・・・なんのこっちゃ???・・・えーっ!?
と言う感じで、徐々に日本での話題を後ろから追っかけている今日この頃ですが、なかなか忙しいのに歯医者の予約も入っていたりしてちょっと大変です。って、もう歯医者は行ってきたんですが、うーん、ちょっと治療あとが気持ち悪いなぁ・・・明日以降も気になるならもう一度行ってみようっと。
気になると言えば、ずーっと気になっているのが、腕時計型PHS。セイコーインスツルメンツが開発中とは聞いていますが、いやはや、一体いつになったら出てくるのでしょうか?。もちろん、SD型AirH”が出て、一段落したら、になるだろうとは以前に予想しましたが、無線機以外のアプリケーションの開発がどの程度まで進んでいるのか、ちょっと気になります。もちろん、そんな情報をいちいち漏らしても仕方がないとは思うのですが、なにか、出るのかでないのか、と言うレベルでも良いので情報が出てこないかなー、と思う今日この頃です。私がずっと考えている腕時計型PHSのいい感じの使い方としては、まず、ライトEメール専用の受信端末として。カバンの中に放り込んでたり、下手すると机の引き出しの中にしまってあったりする端末は、ちょっと環境の悪い場所だと受信出来なくて、で、一度受信に失敗するとそのあとは10~15分おきにしか再送してくれないため、リアルタイムのメール確認がしにくいという問題があります。が、腕時計型なら、常に腕に付けて空中に露出していますから、受信失敗の確率が大幅に減らせます。これまでの端末から腕時計型の方へコピー転送をかけておいて、腕時計型ではライトEを受信後削除の設定にしておけば、無料でメール確認後、必要ならメイン端末でダウンロード、と言うことがこれまでより簡単便利に使えるようになりそうなのです。これがまず一つ目。二つ目は、似た使い方になるでしょうが、メイン端末から着信転送設定にしておくと言うもの。メイン端末が圏外の時の着信補償はもちろんですが、メイン端末で話し中にかかってきた電話について、最低限着信履歴だけは残しておけます(留守番電話サービスを使うより楽ですし)ので、長電話好きの私でも大切な電話を逃しません。それから、最後になりますが、やっぱり常に腕にくっついているので、どこかに置き忘れてしまったりしにくいと言うことですね。あ、急いで電話/メールしなきゃ!・・・ってときに、端末をカバンの中や机の上に置いて出かけてきてしまってたりしても、最終手段として常にあるわけで、ちょっとした安心が得られる訳ですね。・・・とまあ、いろいろ言ってきましたが、何をさしおいても、腕時計型が面白そう!ってのが一番大きいわけで、単純に興味の問題として、思わず食指を伸ばしてしまいそうな一品だったりするわけです。あ~ぁ、早くでないかな~。


02/11/04
うわぁ、未読メールが100通ってなんだー!?・・・イギリス出発するときは70通だったのにぃ・・・私が飛行機の上にいるのを狙って30通も送りつけたヤツがいるに違いない・・・!・・・あれ、メールマガジンとエラーメールとオークション通知と・・・全部自分で種をまいた物ものばかりですなぁ・・・偶然とは恐ろしいです。
と言うことで、約1週間ほど、イギリスに滞在していました。ようやく日本に帰って来れて、ほっと一息というところです。たまっているメール、どうしようかなぁ・・・一つずつ片づけるしか無いんですけどねぇ。その間の日本のニュースにも全く触れていません。え、インターネットがあるじゃないか、って?・・・それがですね、イギリスのネット環境の厳しさは想像を絶する物でした。まず、基本的にはインターネットそのものがそれほど一般的な物ではないようです。一般家庭ではダイヤルアップが当たり前で(どうもBTにテレほーだいのようなサービスがあるらしい)、ISDNが引いてあるだけで大した物というところのようです。もちろん、ADSLなんて引いている家庭はほぼ0。と言うか、サービス自体やっているのかな・・・?その辺は詳しく聞けなかったですが、みんな64k以下の速度でなれているので、職場でもその程度の速度で十分なのだそうです。で、私の入っていた会社の出口も64k(!)。曲がりなりにもヨーロッパ全土を相手に商売している会社のネット接続帯域が64kですよ。びっくり。みんなが同時にメールの送受信を始めるとほとんど固まって動かなくなっちゃうと言う情けなさ。私はホテルで私用のメールのやりとりをしようと、DIONのローミングサービスに申し込んでいたんですが、56k対応アクセスポイントなのにせいぜい28kしか出ないのです。これもちょっと参りました。アナログ回線の質が思いの外低いようです。また、ローミングしている都合もあるのでしょうが、レスポンスはAirH”の比じゃないほど遅くて、ネットサーフィンどころじゃない、ってのが正直なところでした。そんな中で、メールで教えてもらったニュースに、ドコモPHSがつなぎ放題をするかも、と言うニュース(リーク?)がリリースされていたと言うもの。具体的に4000円台なんて言う値段まで出ていて、いやはや、意図的なリークでは?とまでささやかれているようですね。おかげで、私が前に書いた例のコラムが大人気(笑)のようで、あれをネタにいろんなネタ議論があちこちで交わされていて、ネタを提供した私としてもちょっと鼻が高いですね。まぁ、ああいう情報が流れて(リークされて?)くると言うことは、どうやらドコモもようやく接続料金についてのNTT東西との調整に目途がついてきたと言うことでしょう。もしドコモとDDIポケットが協力して料金についての交渉を始めれば、かなり早く、良い条件の協定が組めるかも知れませんが、さすがにこれは無理ですかねぇ・・・たまにはライバル同士で協力してみた方が、お互い得になると思うんですけどね、私は。
・・・一応確認しておきますけど、私にコラムに対するツッコミ的議論は、全部ネタですよね?(苦笑)。・・・いや、もしネタじゃないとするならあまりに議論のレベルが低すぎげふんごふんっ・・・。


00/00/00
過去ログ一覧へ