過去ログ一覧へ

03/07/10
さて今日の一言は、えーと、一言で言ってしまうと「反省」です。ということで、ここ数日の「一言」のネタのフォローアップをさせていただきます。そこ、手抜きとか言うな。
まずは128kの話。「ドコモもオーバーラップ型だ!」というツッコミを頂きました。だから(旧)パーソナルって書いてあるでしょ。そうですね、64kが始まった頃から、Dポと同タイプのマクロセル局を投入していますね。この辺から、二つの意味でのオーバーラップ型になってます、ドコモ。それは、マクロセル同士のオーバーラップと、64k/32kのオーバーラップ。これ、後者が特にたちが悪い。64kエリア内なのに32k局がごろごろしてるんですから。下手すると、64kとべったり塗ったエリア内にも32k局しか届かない場所もあるくらいの話で。@FreeDを使っているとそういう場所の不便さを実感するようになりました、ほんと。
次に、128kつなぎ放題と32kつなぎ放題を安くしろ、という話で出てきた「挟み撃ち理論」、過去ログ漁ってみましたがどこにも書いてませんでした、済みません(苦笑)。えーと、簡単に言うと、同じ性能-コスト線上に乗る競合製品がある場合、高くて高性能のものと安くて低性能のものに挟まれた、コストも性能も中庸と言うものはたいていの場合シェアを食われてしまう、というものです。前、これに似た話で、同じ性能-コスト線上にある場合、安くて低性能のものは高くて高性能なものに絶対勝てない、ということを言いましたが、これと勘違いしてました、済みません(重ね重ね)。もちろんこれらはあくまで一次近似の一般論ですので、マーケティングに詳しい方からの厳しいツッコミは無視させていただきます(卑怯なり)。
最後に昨日の話。いや、メールの話よりも、レジの話にむやみにたくさんのツッコミが(汗)。曰く「やっぱりお釣はお札から」とのことで。いやね、自分の行動を考えてみたんですが、私、お釣をもらったら、そのままレジを離れるんですよ、しまわずに。後ろに人がつかえてると特に。私の財布はコインはしまいやすい(小銭入れが大きく開くタイプ)ので、コインはぽいと放りこんで、お札は手に持ったまま、またはポケットに突っ込んでそのままレジを離れます。いや、お札はしまいにくくないですか?。お札をしまおうとすると、他のお札やレシートとか(これがイケナイ)に引っかかって上手く入らないんですよ・・・。えぇ、多分私だけなんでしょうけど・・・(苦笑)。ってことで、財布の中がちっとも整理できてない私個人の事情でした、と言い訳しておきます(こんなんばっかですな)。
ということで、ここ幾日かのネタに対するツッコミに答えさせていただきました。いや、確かにいきなり「そんなことない!」といわれて気分の良いものではないですが、とはいえ、なにかしら反応をしてくれる読者がいてくれるというのは何ともありがたい限りです。ということで今日はフォローアップという形で、読者様に感謝の意を表させていただきます。それでは今後もよろしく!


03/07/09
スーパーとかコンビニとかで、大きな額のお札を出して、お札とコインのお釣りをもらわなきゃならないとき。ありますよね。そう言う時って、お釣りの返し方に2パターンあります。一つは、まとめて返してくれるパターン。もう一つは、先にお札だけ返すパターン。「お先に大きい方のお返しになります」っていう、あれ。一体いつの間にあれがスタンダードになってるんでしょうね。先に大きい方返されても困るんですよねぇ、正直。だって、お札とコイン、財布にしまいやすいのは圧倒的にコインじゃないですか、先にお札を返されて、もたもたしている間レジ係はコインを持ってぼけっと待ってる、後ろに並んでいる人もイライラして待ってる、明らかに非効率です。なんで先に小さい方、ってやる人いないんだろ、不思議不思議。
こういう、なぜだか分からないけど当たり前になっちゃってることって多いですね。たとえば、携帯でのメールアドレス変更。これ、当たり前みたいになってますけど、考えてみると変なんですよね。なぜって、メールアドレスってネット世界では十分通用するIDだからです。ID=アイデンティティ、即ち、個人を特定できる情報のはずなのに、それが自由に変えられるって、ちょっとおかしいですよね。何かの登録でメールアドレスを入力させ、そのメールアドレスに確認メールを送って認証、ってことが当たり前に行われている隣には、アドレス変更自由な世界があるわけで。これ、元々携帯各社が、デフォルトを090で始まる電話番号アドレスにするなんて言う馬鹿げたことをやっていたことが遠因で、それを次にはデフォルトをランダムな英数字にする、なんて言う根本的には何も変わっていないモノに変えただけだからこんな状態が当たり前になってるのでしょう。Dポは、最初から自分で決めたIDを入力します。入力しない限りアカウントは有効にならない、いや、これって当たり前だと思うんですが。わざわざ申し込みが必要な携帯各社のメールでこれをやらなかったのが一体なぜなのか不思議でたまりません。で、この変更自由についての賛否は、それこそ各地で喧々囂々の議論がなされています。私は個人的には上記のように懐疑的なんですが、客観的にみれば、どちらにも一理あるわけです。要は、セキュリティに対する意識の高い人はアドレス変更不可を望み、使い勝手を追求する人は変更可を主張するわけです。もちろんその中間層もいるわけで、変更を有料にすればいい、という意見もあるわけで、この辺が良い感じの妥協点なのかなぁという気がします。ただ、その金額でまたもめそうですね。セキュリティ意識の高い人は1万円くらい取って当たり前だ、それでメールのID性が高められるなら自分だってそのくらい出す、という人もいれば、せいぜい100円でしょ、ただ変更するだけじゃん、という人もいるはず。この辺はいつまで経っても同じ議論が繰り返されるんでしょうが、やっぱり個人的には、Dポだけでも、メールアドレスのアイデンティティ性を守って欲しいなぁ、と思っていたりします。


03/07/07
さて、今日は七夕です。七夕といえば、えーと、何するんだろう・・・豆まきじゃなくて・・・(汗)・・・いまいち季節感のない暇?人です、こんにちは。
引きとは関係ないですが、えー、ということで、6月期のDDIポケット加入者増減数が発表された訳ですが、5月に続いて大幅な減少となりました。まぁ、私としては予想通りというところ。@FreeDの開始に対して完全な無策で応じたDDIポケットも、この程度の減少は計算のうちというところでしょう。いやいや、皮肉でもなんでもなく。んでもって、この減少傾向がどこまで続いていくかというと、実際のところ、後半年くらいはこんな調子だと思います。減少数は鈍るかもしれませんが。@FreeDを試してみて、まだ決定的な解約にまで至らなかった人が、これから徐々に解約してもいいか、と解約し始めるはずで、今後半年で総計10万くらいの解約は必至でしょうね。まぁ、何と言っても基本料が安いし、しかもそれで実質プロバイダ料込みですから。まともなコスト意識があれば、十中八九は乗り換えを決意すると思います。いや、私はここでは@FreeDの技術的問題点(輻輳、安定性、移動性、エリア)については無視して議論していますよ。ただ、一般的な視点で純粋に比較すれば、という話です。実際、特にコスト意識の強い企業ユーザでは、こういった実用上の問題点は顧みられることなく切り替えが検討されていることでしょう。ということで、9月~10月の上半期末にもう一度解約の波が来る可能性があります。まぁ時期はともかくこういった動きは必ずあちこちであるはずですから、いつまでも「ナンバーワン~」なんて斜に構えていては、痛い目に遭いますよ、Dポさん。まず何はともあれ128kの値下げ、というか、つなぎ放題での標準サービスに128kを加えるべきでしょう。これだけで大分違うはずですが、さらに言わせてもらえれば、つなぎ放題32kをも値下げという方向にも手を伸ばして欲しいですね。ドコモ64kよりちょっとだけ高いけど128kのつなぎ放題、ドコモ64kよりそこそこ安いけど32kだけの廉価版つなぎ放題(仮)、これが出来れば、以前ここでも書いた「挟み撃ち理論」で確実にシェアは取れます。このような状況を実現できる料金設定としては、5800(4930)円の128kつなぎ放題と、3500(2975)円での32kつなぎ放題、この辺りが良い塩梅なのではと思う訳です。4700(3995)円でのパケコミは、128k可であることも考えれば、割と良い感じの設定なので、これはこのままでもOKでしょう。となると、ネット25は・・・(汗)。えーと・・・ネット25が消えるとしても、フレックスチェンジの魅力はかなり大きいので、何とかサルベージしてほしいですねぇ・・・。ま、全部妄想の話なのですが(自爆)。


03/07/02
AirH”の128kは4局の基地局を必要とするため、基地局密度の低い地方都市では128k接続が出来ない、と、まことしやかに語る人が未だ散見されます。個人サイトはもとより、プロの書くものにさえ、こういったことが書かれていることもあります。これね、実体験から言わせてもらうんですが、128kで接続できない場所なんて見つける方が難しいっつーの(なぜか変な文体に・・・)。Dポのエリアって、オーバーラップ型なんですよね。どういうことかって言うと、ある一つの地点を複数の基地局でカバーすることにより通話チャネル数を稼ぐ、という方法。逆に、(旧)パーソナルや(旧)アステルは、分割型、つまり、一つのエリアを可能な限り細かく分けてそれぞれに微少セル型基地局を設置することで全体としての通話チャネル数を稼ぐわけです。これって、どっちも一長一短あってどちらが優れてるって訳でもないんですが、ただ、128kのように複数局を利用するサービスとなると、オーバーラップ型のDポエリアが生きてくるわけです。Dポのエリアはほとんどの場所が大体2局以上でカバーされています。また、初期型基地局を除くほとんどの基地局が1局64kまで対応していますから、まずほとんどのエリアが128kで利用可能です。いや、実体験では。私の実家のように、エリアマップ上で2kmもはみ出しているような場所では1局しか使えずに64kが限界ということもあります。でも、こういうきわどい場所でも、大概は64kまではOKなんですよ、こんなきわどい場所がエリア化されたのなんて結構最近ってことが多いので、1局64k対応局である可能性がすごく高いんです。しかも、最新鋭の局は1局128k対応可能という話もありますしね(これは新聞報道されただけでまだ私は実体験していません、あくまで噂レベルの話です)。そういう訳で、AirH”の128kって実際はエリアマップに載っているほとんどの場所で使えるはずなんですが、どうも勘違いしている人の方が世の中には多いようで・・・(ひどい話、128kなんて23区内程度でしか使えないんでしょ?なんて言う人までいるくらいですから)。まぁ、だからといって本当にどこでも128kで使える、とはいいませんよ、あくまで他ユーザと回線をシェアしてるわけですし。ということは、むしろ、回線を独占できちゃう田舎の方が128kが理論値に近い速度で使える可能性は高いわけで、少なくとも「都会より田舎の方が128kは苦しい」なんていう著述は的外れなんじゃないかな~というのが今日の一言でした。


00/00/00
過去ログ一覧へ