過去ログ一覧へ

03/09/15
車ほすぃ。
ってことで、現在車の購入をびみょーに検討中な雰囲気を醸し出しまくっている暇?人です、こんにちは。ていうか、欲しい車は大体決まっているのですが、あとは時期と場所の問題が。まぁ、それはいいのですが、せっかく車を買うわけですから(まだだっつーの)、やっぱりいろいろ付けたいじゃないですか。いや、羽根とかミサイルとかじゃなくて、もうちょっと「はいてく」なグッズを付けたいじゃないですか。ほら、カーナビとか。カーナビ。先日、今やアニメオタクの聖地となった秋葉原に行く機会があったので(ていうか行ったのはコミプラですが;爆)、ついでにその辺のカーナビショップを見てあるいたわけです。基本的には相場調査、という感じではあったんですが。なんか、最近のカーナビ、すごいですね。なんか、テレビとかDVDとか見れちゃうのは当たり前、CDから自動でジュークボックスを作ったり、ネット経由で自動的に情報更新まで出来たり、なんでも出来ちゃう感じです。それで20万しないんですから、車買うことを考えるとずいぶん安いものです(ホントか?)。ただ、いろいろ見ていていまいち不満に思ったのが、ほとんどのカーナビが「iモード携帯」経由でのネット接続なんですね。iモード、つまりパケット課金システムで、そう言う自律動作をさせるってのは、直感的に料金が掴みにくいし、実際常にONにしていたらバカのようにパケ料金がかかるでしょうね。au回線利用で、モジュール内蔵、月額定額って言うヤツもありますが、考えてみるとモジュールを取り外して他の用途に使えないわけですから、今現在持っている資源(私の場合はAirH”)を有効利用できません。いや、ぶっちゃけAirH”対応のカーナビが欲しいんですが、一時期あった例の奴が、どうも最近は店頭に並んでいないようです。最新の機種は軒並み未対応。iでもauでも対応するのは良いんですが、ついでにPCカードスロットを通信カード対応にして欲しいなぁ、と思うわけで。だって、元々AirH”とかを持っている人だったら、自分のカード端末をさくっと差し込んであとは繋ぎっぱなしで常に最新情報をチェック、なんて、スマートですよね。わざわざiモード携帯電話をケーブルで繋いで、携帯ホルダにセットしたり、せっかく携帯持ってるのにわざわざ月額三千いくらの別回線を契約するなんてのは、実にスマートじゃありません。いや、AirH”持ってる人には、ってことですが(苦笑)。でも、AirH”(と@FreeD)モバイラが結構増えてきたし、単に通信カードに対応ってだけならその他の回線でも使えるわけで、そこそこ人気は出ると思うんですが・・・どこか対応したカーナビ作ってくんないかな~と切実に願っている暇?人でした。


03/09/13
ってことで、二周年企画がどうとか、っていってた奴、結局、コラムとでんそくんとアンケートだけです。期待されたみなさま、ご勘弁を。
でんそくん。一年の時を経て、ようやくバージョンアップです。何と、今回からついにメジャーバージョン「1」を名乗ることにしました。よって、本バージョン以降はいわゆる「デグレード保証」がつきます。じゃぁなにか、これ以前の奴は保証しないってことか。はいそうですとも。一人掛け合いはこの辺にして、ようやく今回から、ある程度機種依存がなくなりました。というのが、そもそも機種判定をしているから、って言う部分もあるんですが、機種によっては動作不安定になる部分もだいぶ改善したつもりです。あと、位置推定機能がすっごいことになってます。元々基地局位置推定をやりたいがためにでんそくんは開発されていますから、ここに注力するのは当然なのです。当然なんです。疑っちゃいけません。あと、テキストのインポート機能がつきました。これは、ぶっちゃけ、ターミナルでコマンド直打ちした結果を貼り付ければ取り込めますよ、と言う機能です。まぁ、なんですか・・・その、いわゆる、PDA版を作る作ると言いながら作らなかったことへの一種のエクスキューズなんですが。ほら、PDAに入ってるターミナルソフトあるでしょ、それで、AT@Kとか打ってさ、結果でたらテキストに保存してさ、それをPCで開いてインポートすればさ、ほら、ちゃんと管理できるじゃない、ね?。PDA版でんそくんなんて要らないじゃないのさ、これでさ。ね?。・・・今のうちに謝っときます、ごめんなさい(爆)。あと、ついでに、他のでんそくんファイルをマージする機能(ファイルインポート)をつけましたが、これはちょっと使い方がややこしい、と言うか、ちょっと賛否両論な仕様になってるです。滅多に使わない機能(だと思う)なので、目をつぶってくださいな。後何かあったかな・・・えーと、特にないので、こんなもんです。っていうか、こんな状態でVer. 1を名乗ろうなんて、ふてぇやろぅですな。ほんと。まぁそのうちバージョンアップします。しないかも。しないに1500点。


03/09/12
今日ですね、久しぶりにコンビニのカレーライスを食べてしまいました。いや、久しぶりなんて言うのにはわけがあってですね、なんて言うか、コンビニのカレーって、「まずい」っていうイメージしか無かったわけですよ。まずいって言うか、しょっぱいって言うか(笑)。なんか、色だけカレーっぽくして化学調味料とちょっとのスパイスでごまかしたような感じのをイメージしていたわけですよ。そんなわけで、まぁ、コンビニのカレーって言うと、もう、コンビニで何を食べようかな~、って選んでても全く論外って感じでスルーしてたわけです。が、今日、なんか会社を出たときから、なんかものすごく「カレー食いたい周期」に入ってしまったわけですよ。「カレー食いたい周期」。テストでますからね。でも、今からスーパーで買い物してコトコト作り始めても、作り終わった頃にはカレー食いたい周期は終わってるかも知れません。緊急を要します。仕方がない、コンビニのカレーでも食ってこのカレー食いたい周期を乗り切ろう、と思ってコンビニに行ったわけです。で、なんか唯一のカレーを手に取るわけです。なんか、コンビニ、昔は結構カレーだけのコーナーとかあったもんですが、今は安いカレー一種類だけになってて、なんか選びがいが無いなぁ、と思いながらも、仕方なくそれを手にとって、購入して食したわけです。で、ですね、なんか、そのカレーが、予想に反してうまい。かなりうまかったです。しばらく食べなかった間に、ずいぶんコンビニカレーも進化しちゃったんだなぁ、と感心したりもしたわけで。なんだかんだ言って、「コンビニカレーまずい」っていうのは偏見に過ぎなかったってことが言いたかったわけなんですけどね。
さて、そう言うわけで、もうここまで書いたら、この話の隠喩に気づいている方の方が多いと思います。えぇ、昨日の話(の続き)をそのまま隠喩で書いてみただけです。どうしても欲しい、かつ、他に変わるモノがない、という状況に追い込まれて、それまで無視していたモノをようやく使うようになる、この、「他に変わるモノがない」、コレがモバイル定額のAirH”、AirH”Phoneです。で、そうやって仕方なく手に入れたもの、それが電話の形をしているのでちょっと使ってみたら、思っていたほど悪くないよコレ、という状況が望ましいわけです。えぇ、Dポ、やってるんですね、AirH”Phoneって形で。ただ、それを知らせる努力をしていないだけの話。あと、現状のカード型優位のラインナップも、見直してはいかがでしょう。128kはカードだけ、なんて言う差別が、何より電話型AirH”を使ってもらうチャンスを潰しています。選択肢を少なくするなら、なるべくうまいカレーを作るようにしないと、ダメなんです。まぁ、Dポの人はこんな一言読んでないでしょうが・・・(苦笑)
ちなみに上のカレーの話は実話です(爆)。


03/09/11
なんか今月もTCAな一言を書こうと思ったんですが、いまいちつまんない(笑)のでやめます。適当にPHS周りだけ紹介しますと、DDIポケットの純減数は先月の倍近く、ドコモPHSはやや鈍るも相変わらず1万オーバーの減少、アステルは鷹山、ケイオプティの相変わらずの激しい減少で先月と同じ減少数でした。結論:PHSへってます。がっくり。
ぶっちゃけた話。携帯電話を買おうと思って電気屋にいきます。ドコモ、au、Jフォン、ツーカー、H”と並んでます。よーし携帯買うぞー、ってとき、H”って選択肢に入ってますか?。入ってないでしょ。ツーカーでさえびみょーなのに、H”を選択肢に入れて携帯を選んでいる人、いないでしょ。私は昔から常々、「きちんと比較考量すればH”で十分、またはH”が最適と言う人は非常に多い」と言う言い方をし、加えて「(PHS=ダサい、という偏見に囚われず)客観的な視点できちんと比較できる人が少なくなっている」と言う言い方もしていました。ダ・ケ・ド。こう言っちゃなんですが、H”、さっきも言ったように、一般的な人にとっては比較の対象に入っていません。せいぜいツーカーの前までは足を運ぶけど、H”のロゴのある前には行かない、行く必要がない、そこに一歩踏み出す労力さえもったいない、みんなこうじゃないですか?。私は少なくとも、一般的な人の反応はそうだと思います。もし私自身が一般的な携帯ユーザで「PHSはエリア狭くて使えないよね」という知識しか持っていないとして自分の行動を予測してみても、H”のロゴは目に入らないと思います。人にH”はどうよ、と言われても、「H”?ピッチのアレだよね」と一言、以下省略言うまでもねーだろ、的な態度であしらうと思います。どうすれば良いか?。どうしようもありません。ぶっちゃけ、何をやっても無駄でしょう。どんなに豪華なCMをふんだんに流しても同じです。店頭で客捕まえて無理矢理貸し付けてタダで使わせでもしない限り気にもされない存在、それが今のH”です。いくら音が良いとか安いとか言っても、通話相手が携帯ではこの利点はほとんど無くなります。なんかの間違いでH”を買った人、友人の携帯に電話かけて、「何だよ、携帯とかわんねーじゃん、音が良いなんてウソだな」。当たり前のことですが、一般の人は通信の仕組みなんて知りません。音が良いと言われたら、どこにかけても音がよくなって当然、と考えるわけです。ってことで、結局、Dポが振り向かれるのはAirH”しかないわけで、それを電話化したAirH”Phone、これを売っていくしかないわけで、あのね、何がそれを止めているのかは知りませんが、WEB放題を標準サービスにしてメール放題ともどももっと宣伝しないとマズいですよ。ややこしい料金体系もマズいですよ。つなぎ放題にしたらClubAirH”経由のアクセスも全部無料、ってくらいハジけないとマズいですよ。「AirH”てなによ」って人にも「あぁ、使い放題のAirH”の、アレね・・・」と言わせるようにならないとマズいですよ。ついでに、ペアで持つ人にすごい優遇措置をして(音声コース同士、データコース同士でも強力な割引、とか)、そこでPHSの安さと音の良さ(とエリアの広さ)をアピールしていかないとマズいですよ。何でもいいから、早めに手をつけないと、もうAirH”フィーバーも冷め始めてますよ、DDIポケットさん!


03/09/10
KDDI、DDIポケットを京セラに売却、交渉開始、だって。ふむ。売っちゃうんだ。ふむ。今まで「事実上の親」なんて言ってた京セラが、ほんとの親になっちゃうわけですな。ふむ。
いや、一体どういうリアクションをとれば良いのか分からず、こういう感じのテンションで始めてみたわけなんですが。いや、直後にKDDIがそんな事実はないと発表してるので、取りあえずソース不定ってことでリンク無しでのご紹介です。KDDIがDポを売るメリットは、んーと、邪魔なお荷物事業の整理、ってところですか。一応黒字ではありますけど、au事業に比べればうまみもないし、auとの連携としても使いにくい(auでパケ代取れる部分で放題やられちゃARPUも上がりません)し。逆に言えば、傘下においておくことでその辺管理が出来るので競争者を減らす効果はなきにしもあらずなんでしょうが、なんとなく抱え込んでるメリットより、外に出しちゃったメリットの方が大きいのかなぁ、という気もします。一方、京セラがDポを買うメリット。うーん。いまいち。分かりません。確かに中国市場でPHS売りさばきたい京セラ的には、世界最大のPHS専業キャリアを手中においておくことには意味があるのかも知れませんが、従来もKDDIの大株主としてそれなりに影響力を行使することが出来たことを考えると、あんまりメリットはなさそうな気がします。ていうか、ほんと、買ってどうするの?って感じです。まぁ、経営権を持つ、または完全子会社にすることで、自社に都合の良いような仕様をどんどん作っていったり、それを利用したり、端末ビジネスで多いに有利にはなるでしょうが、それにしちゃ市場規模が小さすぎて何千億も出して買うほどのメリットじゃないし、海外への進出にしても、中国ではすでに昔日本で起こったようなトレンド(PHS→携帯電話の回帰)が起こりつつありますから、今後の末広がりな展開はちょっと厳しい予感です。まぁ素人の私には思いもつかないメリットがあるのかもしれませんが、まだ未確定情報なので何とも言えませんね。ちなみに、もしDポが京セラ傘下になったら、なにがかわるかな~と考えてみますが、意外とあんまりかわらなさそうな気がします。どちらかと言うと、KDDIになる前に戻る感じかなぁ、と。経営的には。ただ、端末供給メーカが直接経営ってのは、実際のところあまりよろしくないのかもしれません。なんせ、サードパーティはすべて競合相手ですから。本気でDポを経営して盛り上げようと言うつもりなら、もちろんそんなところはきっちり分けて考えられるのでしょうが、ちょっとしたことで自社製品を優遇したりしなかったりなんてことが起こると、とたんにほころびは大きな裂け目になってDポ破綻の憂き目を見ないとも限りません。これはDポにとっても京セラにとっても、もちろん私にとっても大変不幸なことであります。取りあえず、売却決定の前に、一言。京セラ先生、もし買うなら買うでそのときは、余計な策を巡らさないでまじめに経営お願いします。


03/09/09
会社を出て空をふと見上げると、満月が。いや、満月には微妙に足りないくらいの月だったのですが、そのそばに、なんと火星がいらっしゃいます。ぽつねんと。ものすごい近くです。普段では、あそこまで近づくと月の明るさで見えなくなってしまうものですが、さすが大接近のさなかです。あそこまで近づいても見えているとは、すごいですね。で、まぁ改めて説明するまでもないですが、火星の大接近、といったとき、これは外惑星が地球を挟んで太陽の正反対に位置する「衝」の位置にあることを示しています。一方で、月が満月になるというのも、月が地球を挟んで太陽の正反対にあることを意味します。で、今地球はちょうど火星を追い越したところなので、実際は月が満月に至るほんのちょっと前に同じ方位に見えることになるわけですが、ただ、元々、月の軌道も火星の軌道も同じ公転面内に無いため、今回のように非常に接近するというのは極めてまれであります。であると思います(苦笑)。会社を出た頃、20分ほどだった見かけ距離が、家についた頃には(月の輪郭から)数分未満という非常に近い距離を通っていました(見かけ距離は目測=かなりてきとーなので間違ってるかも;苦笑。気になる人はどっかのニュースサイトで確認してください;笑)。実際、最初に見たときには、位置関係から食にはいるのではないかとわくわくしたのですが、どうやら食には入らなかったみたいですね。いや、肉眼で見える惑星食なんて、10年に一度あるか無きかというビッグイベントですから。いや、そんなビッグイベントならとっくにニュースで流れてますか(笑)。ということで、まぁ図らずも面白げなものを見ちゃったと言うことで、えーと、勢いでネタにしてしまいました。最近コレ系のネタが多いなぁ・・・。


03/09/07
メールを頂きました。私と同郷という方から、「思わぬところで同じ出身地を持つ人に巡り会えて感激です」という内容で、いや、私にとっても、思わぬところで、同郷の方からメールなど頂いて、感激至極だったりします。ですが、ちょっと耳にいたい意見も頂きました。というのが、「技術屋さんのHPは難しすぎる(あまり噛み砕いて伝えようとしていない)ページが多くて読むのが辛かったりするのですが~」と、この続きに「でも面白いですよ」とフォローが入ってはいるのですが、いや、私自身も結構頭の痛い問題なのです。この、「わかりやすくかみ砕いて」という表現方法について。かみ砕けばかみ砕くほど当然わかりやすくなるのですが、そうすると今度は文章が冗長になりがちで、最後までたどり着く前に眠くなってしまう、という現象が起こります(笑)。かといって、じゃぁ、略語や専門用語をばんばん使って簡略完結に説明すれば、最後まで読んでも結局ちんぷんかんぷん、なんて話になっちゃうわけです。その妥協点というのがいったい何処なのか、所詮技術屋の私には、そこがどうしても分からない、読者諸賢のご意見を参考にするしかない、というのが正直なところです。そこで、実はアンケート企画をたくらみ中です。まず、これまで私が書いた文章(今日の一言含む)の中で何が一番面白かったか、つまらなかったか、から始まって、もっと充実して欲しいコーナー、ウザいコーナー(笑)、それに加えて、わかりにくい言葉・用語など、いろいろ挙げていただきたいと考えています。取りあえず、そのアンケート企画を「サイト独立2周年企画」としてみようと考えています。手抜きとか言うな。ぷんすか。ということで、アンケートフォームをもうすぐ作りますので、完成の暁には、是非ともご協力いただけると大変助かります。ちなみに、結果も公表する予定です。まともな数が集まれば(笑)。あまり集まらなければ、きっと無かったことにします。オイ。


03/09/03
さて例によっておなじみフォローアップ。昨日のp-linkstationの話、少なくとも関西と中国では、ちゃんとホームアンテナとしての販売をしているようですね。その他の地域でもやっているところはあるかも知れません。そのお値段は、実はオークションの相場よりぐっとお安かったりするらしく、結構、p-linkstationを手に入れられない地域の人に当て込んだボロい商売なのかも知れません(笑)。ってことで、補足トリビアでした(へぇ~)。
さて、この時期になると、そう言えばもうそろそろこのサイト独立二周年ですなぁ、という声が聞こえてきます。私の脳内から(爆)。独立記念日とかそう言う奴です。なので、盛大なイベントを考えています。考えているだけです。考えるだけならタダですので(オイ)。ってことで、独り言はこの辺にしておきましょう。いや、本当に期待しないでください。ほんと。
つまんないことで文字数を使っちゃったので、残りは適当に(ガビーン)。メンバーズサポートなんてのが出来てます。なんのことはない、従来のサービス+ポイント関係、ってところなんですが。ポイントはこのポイントサービス(いや、シャレじゃなくて)。今までは、ポイントをためるとなんだかよく分からない商品と交換できますよ、っていうサービスだったのが、機種変更の購入代金に充てられるようになるらしいです。これはちょっと良いかも。どのくらいの率で交換できるのか分かりませんが、ちょっとした型落ち品なら、タダで手に入れることも出来るかも知れません。元々、このポイント、確かに1点1円程度の価値で賞品と交換されていたんですが、どうもこの、固定された賞品しか交換できないわけで、いまいち「オトク」な感じが無かったんですよね。それが、今回からは、事実上実際の「お金」と引き替えることが出来るわけですから、実質の割引にかなり近いサービスに昇華した感はなきにしもあらず。とはいえ、従来の賞品交換はすっぱりやめてしまうとのことで、それはそれでちょっと寂しいなぁ、という気もします。欲を言うなら、ポケット公認の周辺機器、データ通信関連機器の購入資金にも充てられたら良いなぁ、と思ってたりします。意外と高いんですよね、接続ケーブルとか。まぁAHPでは汎用USBになっちゃったからあまり意味はないかもですが。あとはSkynetさんのアンテナ購入のアシストも是非げふんごふんっ。


03/09/02
さてまたさりげなくYahoo!オークションをウォッチしてたりするんですが、p-link stationの高騰が更に激しくなっています。@FreeD前は2000円強だったものが@FreeDリリースと同時に4000円を越え、今ではなんと7~8000円で取り引きされています。いやはや、これはびっくりです。確かに市場に出回りにくい品ではあります。ドコモショップで購入可能ですが、ドコモは白ロムでは売ってくれません。そう、p-link stationも通常のPHS端末と同じく、契約とセットでないと売ってくれないシステムなんですね。そういうわけで、ホームアンテナを手に入れるためにわざわざ一度契約するのも何だかアレだし、契約しても結局p-in白ロムとセットだったりで結構なお値段だったりするし、で、出回りにくいと言う訳でしょう。まぁ、昔の(ドコモPHSがp-inComp@ctで人気が出た頃の)相場と同程度になっただけと言う説もありますが。ただ、このp-link station、ドコモは公式に「@FreeD非対応です」とアナウンス(リンク先一番下)しています。これは一体何ごとでしょうか。ドコモは頭でも打ったのでしょうか。と言う訳ではなく、実際、ドコモはp-link stationは「p-link機能」を利用するための端末、と位置づけていると言うところがポイント。このp-link機能と言うのは、p-link本体の回線を他の様々な端末でシェア出来る仕組みで、一回線の契約で見かけ上は音声端末とカード端末を使い分けると言ったことが出来るものです。ドコモ的にはこれこそがp-link stationの主機能である訳で、当然ながらその契約方式は通常のPHS回線のみ、@FreeDの料金プランには非対応、という意味での「非対応アナウンス」なのです。が、p-link stationには、隠し機能(違)として「64kホームアンテナ機能」があります。窓際まで電波届いてるけど部屋の奥で使えない、そんな時に、同じくトランシーバ機能で接続を中継してしまおう、と言うのがホームアンテナ。それが2スロット対応になったものです。これこそが、@FreeDユーザに求められている機能だったりするんですね。しかし、ドコモはこれを公式の使い方としてみとめていません(ドコモ九州のページにはその記述があったりして、地方によってまちまちのようですが)。ドコモショップでp-link stationの白ロム販売を求めると「p-link stationはホームアンテナではありません」と断られるのがこのことを如実に示していたりします。そういうわけで、オークションで人気が出ている訳なんですが、一方で、こんな中継機器が人気になってしまうほど、エリアの穴がひどい、と言うことをもあらわしている訳です。まぁエリアの穴にも二種類あって~、なんて話はミミタコかも知れませんが、それとは別にいわゆる「輻輳によるエリアの穴」が最近深刻なようです。輻輳することで最寄り局を使えない、こうなると、第二候補以下の遠くの基地局を利用するしかなく、大概は電波が弱くて繋がらない、繋がっても不安定、と言うことになる訳です。実はこの問題の解消のためにもp-link stationは利用可能なわけで、むしろ、実際にp-link stationのホームアンテナ機能を必要としている人の結構な部分が、これが不安定の原因であったりするんじゃないかな~と思ってたりします。いや、こんなことを思ったのが、今日、昼間ならいつも64kで繋がる場所で32kでしか繋がらなかったりしたからなんですが・・・。


03/09/01
なにげに九月です。もう九月になってしまったのです。早いものですね。九月といえば、イベント盛りだくさんです。ほら、なんか、運動会っぽいものとか、お月見っぽいものとか、あと、えーと、敬老の日?
さて、九月になると、私のPS-C2の10ヶ月機種変縛りも切れたりします。「縛りじゃない」というツッコミは無視しつつ(笑)、さてでは、最新機種でも使ってみるのか、ということになるのかというと、まだまだ考える余地ありなんですけどね。なんと言っても、PS-C2にこれといった不満点が無いと言うこと。というか、多少の不満点も、サブ回線のAH-J3002Vがすべて吸収し尽くしちゃってるので、全く物欲が湧かないんですね。そもそも、私は携帯電話にありがちな、電話機上であれもこれも、ってのにあまり興味がないのかも知れません。どうしても必要なら、サブで携帯持ちますし、その辺、今のところ必要な部分はJ3002Vがまかなってくれている、と言うわけなんですが。そんなところに、先日、「現時点でのPHS音声端末でのメリットは?と聞かれて端末のメリットを説明するのに苦戦しました。」というお便りを頂いたところ。確かに、端末機能至上主義の携帯電話市場では、これは実に難しい問題です。何せ、PHS、市場が狭いだけに端末のバリエーションも少ない、自然、端末メーカ同士の競争もなく端末性能はおろそかにされ、キャリアも率先して端末開発に乗り出すほどの余裕も無いという状態。携帯電話陣営に比べれば情けなくなるほど端末は貧弱です。それでもPHS音声端末を使うメリットは?と私が聞かれたら、「それがPHSだから」と答えます。いやいや、半分はもちろん冗談ですが、半分は本気ですよ。なんと言っても、PHSのその綺麗な音質。電話として最低限の機能である「会話」について、最高性能を誇るのがまさしくPHSであることは、議論の余地はありません。おまけに、携帯電話でありがちな、上り下り伝送路の大きな不均衡から来る音声の瞬間的なとぎれ、いわゆる「断続的片通話」が非常に少ないこともPHS音声の利点の一つです。PHSの場合、電波が悪いとさっくりと切れます。これは人により好き嫌いの別れるところでしょうが、私は少なくとも、ぶつぶつ途切れるし音質も最低の携帯は持つ気にはなれないというのが正直なところ。ぶっちゃけ、「音声端末のメリット」と言ったとき、私はこのくらいしか挙げられません。もちろんメール放題とかなんとか、料金的優位もありますけどね。まぁそういうわけで、音質と通話安定性最優先の私にとっては、今のPS-C2は史上最高とも評価できる端末であるわけで、これを超えられそうな端末は少なくとも現役機の中には見あたらないなぁ、というわけで機種変はまだまだ考えられない、というわけでした。


00/00/00
過去ログ一覧へ