過去ログ一覧へ

04/01/26
てなわけで、びっとわーぷはもう結構長いこと使ってたりするので、レビューとか実験とかでまたネタをやろうと考えていますし、ネタ集めは始めていますが、とりあえず仕事が一段落するまでは登場は見ないと思います。いや、結構今が佳境なのですよ。実は、受注で受けている仕事の方が間もなく納期なのです。そのうえ最悪の場合、(時差の穴埋めのためだけに)欧州にまた出張らなきゃいけないかもしれない訳で、もうほんとやばいです。やることはほとんど無いんですが精神的に疲れます。やっぱこういうとき下っ端はつらいっす。
さて、関係ない話が長引きましたが、実験と言えばたまっているネタがいくつかあるんですよね。PIAFS2.2とか無線LANとか。あと、AirH”コーナーのオールリメイクも少しずつやっているです。問題はこのリメイク。過去のネタを少しだけ体系的にまとめ直そう、ってのと、明らかに間違っている(と判明した)記述の書き直しってのが今回のリメイクのキモなのですが、過去のネタをまとめて見たら、なんとまぁ内容の無いことと言ったら(自爆)。基本的に、私のAirH”ネタは、AirH”の無線技術としての側面に注目し、さまざまなAirH”の特性を技術的に説明する、という部分と、そう言った原理上の話として、AirH”にどのような将来が考えられるか、というところに重きを置いて話を勝手に進めさせていただく訳ですが、いや、まとめて見ると、実に今までたいしたこと書いていませんね。困ったものです。もちろん、AirH”のPHSパケット技術がそもそも非公開であるからそこまでネタが無い訳ですが、一方で、非公開だからこそ私のようなオタクがでしゃばるべき余地あり、むしろ私のようなオタクの存在意義はそこにしか無いとさえ言えるわけです(言ってて情けなくなって・・・)。海外向けにもうすぐ公開とか言ってますが、どうなんでしょ、PHSMouとかでPIAFSとかみたいに公開されるんでしょうか。だったらうれしいな。そうじゃ無くてARIBのような閉じた感じで有料で公開とかでしょうかねぇ。それならそれでも安ければ買っちゃうかも(オイ)。それは良いとして、何が言いたいかというと、要はAirH”コーナーのリメイクに合わせて、皆さんの素朴な疑問お待ちしています、ということです。無線技術中心ではありますが、その他の技術やサービス・料金に関しても分かる範囲で解説に盛り込みたいと思っていますので、メールフォームよりお気軽に送って下さいね~。あ、あのフォーム、仕様がおかしくて、メールアドレス欄を空白にすると届かないです、メアドを書きたくない場合でも空白にしないでデフォルトのまま送って下さいです。はい。


04/01/22
ということで、えーと、何と言いますか、あれですよ。bitwarp PDAを申し込んでしまってですね、しかも既に使ってたりするんですが。アホですか、私。これ以上回線増やしてどうするつもりですか。もう、PHSだけで5回線ですよ。アホですか、ほんと。ただ、増えすぎ対策と言うわけではありませんが、@FreeDは解約決定な雰囲気です。ずいぶん前、「日本橋発国道X号線の旅シリーズ」を何度か敢行したおり、もう嫌というほど使えなさを味わいましたからね、ずいぶん前から解約する気運は高まっていた訳で。モバイルにとって重要な要素のひとつ「どこでも使える性」があまりに貧弱なわけですよ。絶対的なエリアはものすごく狭いし、エリアの中の穴の多さはひどすぎ、で、しかも移動中は各駅停車電車程度の速さでもさっくり切れる(しかも自動で復帰できないので確実にセッションロストする)し、p-inFree1Sの仕様なんでしょうけど、接続を指示してから接続完了するまで30秒近くかかるんじゃぁやってられないです。運悪く32kエリアだと接続完了まで1分以上待たされるのもザラだし。AirH”なら、ちょっと重いページやアプリ・動画などのファイルを読み込むときは、読み込みを指示してそのままポケットに放り込んでおけば終わってるんですが、@FreeDでは途中で切れてタイムアウトしてますからね。もうあり得ない、静止時の快適さだけではもはや補い切れないわけです。まぁ@FreeDの事は良いとして、bitwarpですよ。っていうかびっとわーぷ。いいですよ、これ。スループットが下がりがちだとかレスポンスが悪いだとかいろいろ言われていますが、今のところ十分快適です。確かに、AirH”に比べるとたまにちょっと詰まった感じはします、時間帯によってはスループットはかなり下がりがちになりますが、さほど気になるほどではないですね。特に、私の場合は通勤電車とか週末のお出かけとか、割と高速移動中に使うことが多いので、移動によるスループットの低下に紛れちゃってあまり分かりません(笑)。一点だけ気になるとすれば、接続開始から接続完了まで、倍近く時間がかかることですね。特に、「認証中」の時間が長い。これは、まぁ言うまでもないですが、機器認証も関係しているんでしょうね。さっと取り出してさっとネットで検索する、っていうPDA的使い方から考えると、この特性はちょっと痛いかも知れません(@FreeDほどではないですが←しつこい)。でも十分許容範囲です。ちなみに、どこかで見たんですが「bitwarp PDAは32kでは接続できない」と言われていて、速度はいらないから省電力で使いたい時とか私の実家のようにレピータのキャパシティを温存したいとかいう時に32k指定できないのか、と思ってたんですが、やって見たらあっさりと32kで繋がりました。なんだろ、アクセスポイントの設定が変わったのかな?。あとは、そうですね~、ほとんどAirH”の使い心地と変わらないですね。カードもN401Cそのままですし。とにもかくにも、これだけのものがたった月2000円ですから驚きです。これで認証対応機器が増えてくれば、大ブレイクする可能性も十分ありそうな予感を感じつつ、本日はこれにて。


04/01/21
さてさて、大方の予想通りでしょうけども、倒産しちゃいましたね。事実上、サービスの一つもまともに提供すること無く精算と言う話で、まぁ、とてーもきな臭く胡散臭い裏事情があると言うことは想像に難くないわけで。さすがにホームページは完全に削除されてしまっていますが、直前、と言うか一昨日辺りに私が見たときには、それはもう夢のような将来の展望が描かれていましたね。PHS・無線LANを自動切替でどこでも使えるIP電話、独特なデザインでかつ非常に綺麗な液晶を備えメール・WEBも自由自在の高機能端末機が5~6種類ほど(想像図として)ラインナップされ、「いくら何でもそりゃないだろ」とツッコミを入れたのがつい昨日のことのようです(一昨日です)。まぁ、そもそも最初から言っていることが支離滅裂で実現可能性は全くの0だったことはもはや周知の事実。ところが、そういった内容の見解をTVで放送してしまったTV局に対して営業妨害で損害賠償請求の訴えを起こしたりと、まぁ何とも大暴れしてくれたわけですが。最初の頃に言っていた「音声をIP化し独自のIP網に引き込むことで定額がなんちゃら」ってやつ、何でもかんでも頭に「IP」をつけりゃあ騙せると思ってる頭の弱い詐欺師と言ってることがまるで同じで、一人でウケていたものです。しかしそれにしても、最も冷静で正確な判断力を持つはずの投資家が軒並み騙されていたのはさすがに引きましたねぇ。多分、そうやって騙されたフリをして株価をつり上げまずいところが発覚する前に売り抜ける、っていう、博徒的投資家がほとんどだったんでしょうけどね。念のため付け加えておきますが、いくら音声をIP化しようと、それを流す土管を携帯電話事業者から借りる以上、事業者にお金を払わなきゃならないのは当たり前です。だからといって、JMNetだけに携帯電話事業者が定額で使い放題の回線貸し出しを行うか?と言うと、あり得ない話。それが出来るなら同じ要領でとっくに定額インターネットが実現しています。携帯電話事業者はなぜ従量制を採用するのか、と言うと、それは、その接続料によって回線のトラフィックを調整する、と言うのが最も大きな理由なんですよ。もし回線がタダだったら、あっという間に回線がパンクしますよね。それを、ある程度、使えば使うほどお金を取ると言う仕組みにしておくことで、回線パンクを抑えているんです。そうやって品質を守っているわけですね。考えてみれば、定額で使い放題のAirH”も、加入者が少ないから出来た技、カーナビのG-BookやAirNavi、1xWINの定額も、首根っこ(インターネットへのゲートウェイ)を自分で押さえて通信量を調整できるから何とか考えられるサービスに出来たわけです。そういうわけで、自社回線の品質に壊滅的ダメージを与えるような、貸出先独自網へのパケット回線を無制限で完全定額貸出するようなことはあり得ないわけです。つまり、この問題は、とかく技術面がクローズアップされていましたが、一番の問題は政治問題。ドコモやauが、定額で回線を貸してくれるや否や、と言うのが根本問題として残っていたわけで、当初話題になったときも、どのキャリアとも即答で「JMNからそういう申し入れは無い」と答えていたところを見ると、やはり最初から実現させるつもりは毛頭無かったと見て間違いないでしょうね。まぁ平たく言うと○○です。証券○○。あぁ、誰もが知っていることを伏せ字にするこの無意味さ!(笑)。それではまた。


04/01/20
年も明けて20日も経ってしまったのに今さら、な話をしますが、みなさん、年越しの瞬間、何をしていましたか?。私はですねぇ、「今何してる?」だの「テレビ何見てる?」だのという他愛のないライトメールの打ち合いをしているうちに年を越してしまっていました(笑)。さて今回はそう言う話。
どういう話か、っていうと、その、例の、「ただ今大変混みあっております」云々、と言う奴です。実は、ライトメールを打ち合っているときに、2度ほど、そう言うメッセージが流れてきて送信に失敗したことがあったんですね。DDIポケットのユーザも大分減ってきているし、年越しの瞬間に使ってるなんて間違いなく個人ユーザでしょうから、個人音声ユーザとだけ見ると本当に数は少なくなっているというのに、それでもやっぱり「大変混みあっ」ちゃうんですね。しかし、私の兄弟家族(全員ドコモユーザ)は軒並み通信規制(画面に「お待ちください」と出るやつ)をかけられてしまっていて、そもそも発信が出来ないわけで、発信トライまで規制されないだけ、やっぱり回線キャパシティには十分な空きがあるんだろうなぁ、とも思うわけです。ちなみに、画面に「お待ちください」って出ちゃうレベルの規制、私は一度も見たことがないわけですが、以前東北地震の時に目撃したという噂だけは聞きました。別に、「お待ちください」ってやるモードがPHSには無いわけではないんですよ。規格上にもきちんと規定されてますし。ただ、本当に出る幕が無いんですよねぇ。随分前のどこだかの新聞報道で、「DDIポケットのネットワークは1000万回線を収容可能」と書かれていたわけですが、今現在、全回線でも300万弱、個人音声に限定すれば100万強程度です。実はあまりまくりなんですね。ただ、その新聞報道ってのが、「DDIポケットがNVNOに回線貸し出し」ってやつで、要は、1000万回線分のキャパがあるのに加入者は少なくてもったいないから始めるんだよ、と言う論調だったわけで、実際、MVNOはいろいろと勃興し、それなりに採算をとって運営されているようですから、DDIポケットの回線も浮かばれる(?)と言うものでしょう。ところで、MVNO分の契約回線数って、公表されないんでしょうかねぇ。それとも、DDIポケットが発表している数値には含まれているんでしょうか?。でも、これをカウントしちゃうとかなりややこしいことになりそうだからやっぱり入れて無いんでしょうね。MVNO自体は、TCAの統計に計上されたりしないんでしょうかねぇ。いや、単に、本当のところDポのPHSは何回線が稼働しているのかを知りたかったりするだけなんですけどね。


04/01/16
ツーカー関係になるとちょっといつも後追いっぽくなって申し訳ないんですが、ツーカーが、骨伝導スピーカを採用した携帯電話を出しましたねぇ。確かに、携帯電話の端末機としての多機能さとしては、おそらく、ドコモやその他の主要キャリアの現行モデルで言うと最下位モデルの端末と同等に近いですが、そんなことは関係ないのですよ。そういうのは所詮電話機とは無関係の機能なんですから。電話とメールさえちゃんと出来るならぶっちゃけ液晶なんて白黒でも構わないんですし。ですがね、ちょっと考えてみてくださいよ、この骨伝導スピーカ、たとえば、ツーカーとの契約を解除してしまったら、何かの役に立ちますか?。全く、なーんの役にもたたないですよね?。つまりどういうことかというと、この骨伝導スピーカっていう機能はね、ちゃんとした「電話機としての機能」なんです。逆に、携帯電話に爪切りが付いていたとしますよ、これ、当然ながら、契約解除しても同じように使えますよね。電話機に付いている意味は全く無いって言うことなんです。無駄な機能ってことですよ。でも、TS41の骨伝導スピーカは、「必須ではないけど無駄ではない機能」なんですよ。なぜなら、その機能が、電話機に載っている必然性があるからです。Javaでゲームが出来るとか200万画素のカメラで写真が撮れるとかテレビが見られるとか犬の気持ちが分かる(爆)とか言う機能とは一線を画しているわけです。いやね、ちょっと以前からツーカーをヨイショしすぎているなぁという気はしないでもないんですけどね(苦笑)。Dポと同じ弱小キャリア&KDDIのおミソなので応援したいというわけではなくて、純粋に、電話としての機能とサービスの使い勝手を追求するツーカーは、私の中ではDポの次にイケてるキャリアなんですよね。見せかけの割引サービスを前面に押し出しつつメール・コンテンツのリッチ化を進め、ARPU押し上げをすることにしか開発努力をしない他キャリアとは全く違うわけですよ。シンプルな料金プラン、シンプルな電話機、電話をかけることをより快適に便利にするためのさりげないオプションサービスや機能。携帯・PHS業界で、本当の「携帯電話」としてのサービスの充実に邁進しているのは、間違いなくツーカーだけですよ。エリアも、携帯の中では狭いとは言われつつも、それなりに困らない程度はありますしね。私が手を出さないのは、普段の生活でならDポのエリアで十分、Dポのエリア外の補償という意味ならドコモくらいのエリア(の差)が無いとわざわざ音が悪くて料金も高い携帯をサブで追加する意味が無いから、ってことと、後は、私の行動圏の中でも重要な位置を占める「実家」が完全に圏外だからってことなんですよね(ボーダフォンローミングのため)。とはいえ、私は「ツーカーのサービスに対する姿勢」を今ではもっとも大きく評価しています。というか、今やDポよりはツーカーの方をこそ(こっそりと)応援したいとさえ思うほどなのですよ。なんとなく、ですねぇ、「PHSという(私にとって)最も優れたシステムを高品質で提供してくれているから」というだけで応援するDポに対して、「移動電話サービスに対する思想・姿勢に共感できる」ツーカー、という感じで、感情的にはツーカーに傾いているんですよね、ぶっちゃけ。ん~・・・まぁ、長くなりそう(なっちゃった)なので、今度暇なときにコラムにでも仕上げるとして、今日はこの辺で失礼をば。


00/00/00
過去ログ一覧へ