過去ログ一覧へ

04/02/29
前にもちょっと似たようなことを書いたかも知れませんが、DDIポケットの解約について。いや、たまに「解約方法を教えてください」と言う質問をH”質問箱に頂くこともあるのですが、そのくらい、DDIポケットの解約方法は面倒ってことです。普通、使っている電話機とせいぜい印鑑程度でも持ってショップに行けば解約って出来るものですよね。ところがDDIポケットでは、まずサービスセンターに電話して解約申込書を郵送で送ってもらわないといけない、それを記入して、郵送か指定ショップ持ち込みでDDIポケットに返送しないといけない、実際の解約は、解約申込書がDDIポケットに届いた日になる、と、なんともまぁ不合理で理不尽な手続です。ショップに持ち込んでも結局Dポに届くまではタイムラグがありますから、夕方、仕事や学校が終わってからショップに持ち込んでも解約は翌日、なんてことも往々にして起こってしまう訳です。もちろん、コミュニケーションプラザ(コミプラ)と言うサービス拠点でなら即日解約が可能ですが、何と全国に数店舗しかない超レアな拠点なんですね、コミプラは。利用できる人の方が少ないんですよ。何を考えてこんなに面倒にしているんでしょうか。解約しにくくすれば解約者数が減るとでも思っているのでしょうか。そんなわけないですよね。でも、ともすれば「どうせ解約する人だから満足度なんてどうでもいいじゃん」的な考え方は、実際Dポの中にあるんではないかと思うんです。でも、それは違うでしょ、と声を大にして言いたい。解約する人は、いろんな事情があります。他社携帯の方が良い、と思って乗り換えを決心した人もいるでしょうし、やむにやまれぬ事情でPHSの電波が届かない場所に行かなければいけないと言う人もいるでしょう。経済的に苦しくなったから、という人ももちろんいるでしょう。でも、携帯に乗り換えたけどやっぱり料金が高くてつらいから、とか、再度転勤でPHS圏内に住めるようになったから、とか、経済的に余裕が出来たから、とか言う理由で再び契約してくれる可能性だって十分あるはずです。でもここで、「そう言えばDポは解約のときに面倒な手続させられたしすぐに解約も出来なかったし、むかつくからやめよう」となってしまうことは、感情的に実に自然ですよね。「解約」という最後の最後で鬱陶しい手続を踏ませることでマイナスイメージを植え付ける、こうなるとその人に対してはそれ以降そのイメージを回復する手段が全く無いわけですから、決定的にとり返しのつかないアンチキャンペーンを自分でやっちゃってることになる訳です。もう、これだけはすぐにでもやめろと言いたい。せめて指定ショップ(サービスカウンター)での即日解約くらいは応じるようにして欲しいし、その指定ショップも数が少ないですから、出来れば電話での即日解約とかも出来た方が良いと思うんですよ。というか最低限指定ショップに解約申込書を置いておくべきでしょう。「楽しい端末が全然出なくなっちゃったからやめちゃったけど、DDIポケットって結構良いキャリアだったな」と思ってもらえるだけで、たとえばその人がその後モバイルデータ通信が必要になったときにいろいろと迷った末、「そうだ、せっかくだからDDIポケットのAirH”にしよう」なんてことになる・・・というか、こういうちょっとした部分が選択の決め手になる例って、そんなに少なくないと思うんです。ここで、解約手続で最後っ屁をかまされた人は「悪くないと思うんだけどあのDDIポケットだからなぁ・・・やっぱドコモにしとこうかな」となる訳ですよ。この差!。解約しにくくして、または解約処理に手を抜いて小銭を稼ぐよりは、最後くらい迅速丁寧な対応をして後に残るイメージを良くする方が、遥かに大きな資産になると思うんですけどね。って、最近Dポに対する辛口な一言が多いなぁ。


04/02/26
例によってどうでもいいネタで一席。いや、何だかすっかり忘れ去られた影の存在として有名な(有名なら影の存在なんていわれません、念のため)、H”IN使っただけコース。そう、世にも珍しい基本料金完全0円の料金コースです。つまり、完全定額の「つなぎ放題コース」の対極、完全従量のコースに当たる訳ですね。基本料金が0円であるため、当然ながら通常のコースより接続料金は高く、ざっと2倍。ただ、発信先も一切制限が無いので、接続料が倍の料金と言っても基本料金0は破格といえます。なぜーにこんなコースが実現可能なのか、というタネは、その端末にあり。すなわち、PC内蔵型のH”INに限定だから可能だったということなんですよ。PC内蔵型では、モジュールの売価もPCの価格に含まれています。つまり、販売奨励金(インセンティブ)が0なんです。そもそも、H”IN内蔵機種を買っても、PHS契約をするかどうかは後から決められるんですよね。使いたきゃオンラインサインアップするだけ、使いたくなければ放っておけば一切料金は発生しない、というシステム。つまり、もともとインセンティブを出さないことが前提のシステムなんですね。となるとどうなるか、というと、つまり、月々の基本料金でインセンティブを消化する必要が無いってことです。皆さんご存知かとは思いますが、日本の携帯電話の基本料は、その大部分が結果としてインセンティブの消化に寄与しています。たとえば、ドコモの携帯では機種変更で3万円前後のインセンティブが支払われていると聞きますが、機種変更間隔を1年としてこれをペイしようとすると月々2500円前後が必要になります。これがそっくりそのまま基本料として乗っかっている訳で、たとえば4500円の基本料だとすると、割引も考慮すれば実質のネットワークサービスに対する基本料は2000円に満たない訳です。同様に、DDIポケットもインセンティブを支払っていますが、このインセンティブ分を全く0に出来れば、たとえば、少なくとも安心だフォンコースの980円のレベル以下にまで基本料金を下げることが出来るはずなんです(接続先が規制されていることによるネットワークコストの削減効果は実はほとんど無いのです)。そこで思い切って基本料金を0にし、代わりに接続料を倍にしたコースを、インセンティブが0の機器向けに作った、これがH”IN使っただけコースってことなんですね。でここまで書いて何が言いたいかというと、えーとぶっちゃけ、古い機種ベースで良いので、使っただけコース対応(専用?)の電話機だかカードだか、作らないですかねぇ、ってことなんですよ。なんのことはない、インセンティブ0円=端末店頭価格は定価、って言う機種ってことになるんですけど。確かに端末は高いですが、でも月の基本料は0です、プリペイド感覚で考えれば十分アリですし、何よりむやみに機種変更さえしなければユーザにとって余計なコストは一切発生しない訳ですから、特に企業ユーザなどにはウケが良いかも、なんて思う訳ですよ。もちろん個人ユーザも着信専用として使うとか月の基本料はもったいないけど電話回線だけは確保しておきたいとかそういう用途で十分いけると思うんですけどね。いや、だったら安心だフォン使えって言われそうですが、月980円と月0円の差は、心情的には980円の差額以上のものがあると思うんですよ。「どうせタダだから一台試しに」って言う一見さんも、インセンティブ0円なら十分ありですよね。使った結果「意外とPHS使えるかも」ってなれば、PHSに対する間違った偏見を一部でも払拭できるチャンスかもしれない訳です。まぁもちろん、商品ラインナップを1系列新たに維持するコストを考えるとペイしないものなのかも知れないのですが、なんか、せっかく携帯・PHSでは今や事実上唯一の完全基本料無料のコースを持っているんですから、何かもうちょっと活用してみても良いのではないかなぁ、と思った訳でこういう一言と相成りました。お粗末。


04/02/24
もうなんか何を言えば良いのやら・・・パケット安心サービス4月より。いやね、これ、だいぶ前にちょこっとここでも言ったかもしれない、パケット通信料のキャップ制度です。携帯電話・PHSでの、こういった形態でのキャップ制は、確かに思い切った決断だと思いますし、これの導入を決めたDポには拍手を送りたいとは思いますよ、素直に。でも、そのキャップ価格が2万円って。なんかちょっと間違っている感じがしなくも無い訳です。だってね、考えてみてくださいよ、たとえば、パケット系で一番高価な「つなぎ放題+オプション128」、この月額定額料金が、9300円、年間契約で8430円ですよ。確かに、定額じゃないコースにしてて、でもついたくさん使っちゃった、って言う時のための緊急避難的なサービスの提供、って言うように考えれば多少割高でも納得いきますよ。月々の定額支払いの見込みがある訳でもないですからね。極論、AirH”利用者みんなに、一番安いコースにしておいて必要なときだけ多量に使う、なんてやり方されると「定額で安定収入」っていうDポ側の定額導入メリットが瓦解しますからね、多少高めにキャップを定めることには特に反対はしませんよ。でも、最も高い定額コースである128k完全定額に比べても+1万円以上ってのは、どう考えても「多少」の域には収まっていない気がするんですが。これ、「2万円でキャップがあるから安心だね」って思う人、いない気がするんですが。なんというか、2万円って、Dポを使っている人的には「踏み込んじゃいけない料金」の域に達している気がするんですよ。つまり何が言いたいかというとぶっちゃけ「高すぎ」。安心が欲しきゃ最初からつなぎ放題にするし、そうじゃなかったらそんなに使わないでしょ。そもそも、AirH”を使っている人なんてほとんどつなぎ放題でしょうし、ネット25の超過料金にしても、さすがにそこまで無管理無計画に使って2万円オーバー、なんて人がそんなにいるとは思えません(基本料+超過が2万円を越えるのは、超過分にして約+25時間、つまり規定の倍の使用に相当)。また、電話機上でのネットで意識せずに使ってたら思わぬ請求が云々という対策にしても、思わぬ請求をもらっちゃうほど電話機でWEBを使うユーザがそもそももうDポには残ってないでしょ。そんなリッチなコンテンツも無いし。一発5MBクラス(約40000パケット、4000円相当@0.1円/パケット)のサウンドマーケットをパケットでやるならそれなりに意味はあるかも知れませんが、音声系コースでパケットといえばせいぜいWEB閲覧。確かに、1ページの容量規制は50kと他の携帯に比べれば格段に多い方ですし、小さな画面でPC向けコンテンツも無理なく読めると評判のOpera搭載と見られる京セラ次期AHPならさらにこの規制は緩和されるかも知れませんが、それでも動画メールや映像配信などの超リッチコンテンツに比べればはっきり言って五十歩百歩。2万円という非常に高い料金を取れるほどのコンテンツがないんですよね。それに、何より、通常の電話機でのWEBでこのキャップにひっかかるほど使っちゃった人はまず間違いなくWINとかに移りますよ。つまり一般音声ユーザ向けの「パケット料金に対する認識不足でついうっかり」対策にしてもちょっと高すぎ、ってことです。何か存在意義があるとすれば・・・フレックスチェンジ方式初の定額制ってこと?(苦笑)。まぁそんな感じで、相変わらず「もっと他にやることあるだろ」と突っ込みたくなるDポの新サービスなのでした。まぁ、申し込みも月額料も要らないことを考えれば、少なくとも無いよりはあった方が随分便利なサービスであるとは言えるんですけどね。


04/02/19
昨日の「一言」を受けて、「ネット25でもおかしいよ」というメールを頂きました。やはりトラフィックに不調が見られるとのこと。んむむ、私の放題+128は余り影響は受けていないようですが・・・いや、でも、確かにおかしいですね。というのがですね、Venturi、トルネードWEB機能が、かなり頻繁に落ちてしまいます。実は昨日・一昨日あたり、トルネードWEBをOFFにしておいた方が快適だったりします。データダウンロード中に突然機能が落ちて、いきなりアイコンがバッテン表示、になってしまったりとか、メールを送信しようとすると送信エラーが出てしまったり(で、トルネードをOFFにして送信してみるとサクッと送信できる)とか、とにかくトルネードの調子が悪いなぁ、というのは感じてはいたのですが。それにしても、普通にトルネードをOFFにしていると快調なので、トルネードのサーバがちょっと過負荷になってるのかなぁ、程度に思ってたのですが、ひょっとするとDポパケット網全体に関わるような問題が起こっていないとも限りません。無料キャンペーンが始まって新規加入が殺到したか、ということも考えられなくも無いですが、それにしてもまだたったの10日しかたっていないことを考えると、パケット網全体に影響を及ぼすほどの大量加入があったとは思えません。いや、トルネードが不調になったときから思ってたんですが、Dポ、なんかネットワークいじくってんじゃねぇのか、と。ちょっと前に、AirH”すべてに影響のあるメンテナンスをやってますが、これをなんかひきずってんじゃねぇのか、と。考えてみると、あらゆるパケット通信に対して地域に無関係に影響を与えるようなメンテナンスって随分やってない気がします。パケット集約網そのものに手を入れたことはほぼ間違いない訳です。まぁそれでも(発表上の)作業時間は30分程度だったわけで、何か大きなシステム更新をやったというよりは、定期的なチェックに近いものかも、とも思える訳ですが、しかし、ちょっと前にDポが言ってた「データの独自網への移行」とひょっとするとなんか関係があるんじゃないのかなぁ、と微妙に妄想してみたりもするわけです。ほら、独自のIP網に引き込みとか、交換機をバイパスするだとかなんとか、そういう話があったじゃないですか。まぁいくらなんでもそこまで妄想するのはあんまりだとは思うんですが、それでも昨年秋も時点ですでに二ヶ所で実証試験中だったとのことなので、そろそろ実運用に向けてネットワークのモディファイを始めてもおかしくない時期であるとは思うんですよね。多分違うと思いますが(笑)。しかし理由がどうあれ、パケットそのものの影響はまだしも、トルネードの不調はかなりはっきりと出ている訳で、はやいとこ対策して欲しいなぁとは思っているんですけどね。


04/02/18
実験ネタがたまってます。二ヶ月以上前にやった実験が、残ってます。なんか、すでに@FreeD解約しちゃったのに、@FreeD関係の実験ネタが残ってます。今更載せるのもなんだかなぁ、という感じです。でもそのうち多分載せちゃうと思います(爆)。で、同じく実験ネタとして、びっとわーぷの実験ネタが、これまたずいぶん前にやったものなのにそのまんま放置されてます。いや、何でこんな事を言うかというとですね、その実験結果を今になって公開しても、実状に即さない結果になってしまっているのではないかと言うのが心配なんです。実は、その実験ネタの中で、びっとわーぷのスループットのテストもやってるんですよ。ところが、ここ最近のことですが、何だか妙にスループットが落ちているんです。スループットが落ちているというよりは、レスポンスが異常に落ちています。WEBページの読み込みをしようとすると、タイムアウトしてしまったり、1ページ読み込み中にその中のいくつかの画像がタイムアウトしてバッテン印になってしまったり、と、とにかくやたらとレスポンスが悪くなっています。一度表示され始めればばらばらっと降ってくるんですが、一度だんまりしちゃうと、素直に読み込みを中止して再読み込みを指示した方が早い、って感じなんです。なんかこの感じ、ずいぶん前に体験したことがあるなぁ、と思っていたんですが、これって、まさにAirH”が予想以上のトラフィックをたたき出してネットワークの整備が追いつかずに品質が下がっていた、あの頃の症状と実にそっくりなんですよね。たまにぱらぱらと落ちてくるけど、突然ぴたっと止まってしーんとしてしまう、あれです。ネットワークのキャパシティ不足。つまり、ひょっとするとびとわーぷ用のso-netの接続回線が少々飽和気味なのでは、と思う訳です。確かに分かるんですよね、おそらく、1月末(キャンペーン終了)に向けて一気に加入者が増えたでしょうし、そんな中にはC860をまだ購入前で見切り注文しちゃった人も結構いる訳です。そういう人たちが、徐々にハードに使い始めたりとかC860を購入して使い始めたりとかで使用率が急に上がると、定額料が安いことからケチって狭めにしか借りていなかった帯域ではおっつかなくなってきた、という感じなのでは、ということなんですよ。いや、何度も言いますけど、りにゃざう、PDAというよりはミニPCなんですよ。ブラウザの表示能力も十二分にあるし、何よりLinuxベースでいろんなネット関連ツールも充実していますから(各種サーバまで動いちゃうし・・・)、単体でいろんな使い方が出来ちゃうわけで、PDAだから通信量は少なかろう、というのはほとんど成り立たないんですよね。いやはや、初対応機器にするには一番向いてないヤツを選んじゃったわけです(笑)。まぁ、今のところはまだ時間帯にもよるしそれ以外の時間は快適なのですぐにどうこうという話ではないですが、それよりも、せっかくの実験ネタが陳腐化してしまうことの方が痛かったりして(爆)。


04/02/16
こういっちゃ何ですが、私ね、「良い物」に出すお金は惜しみませんよ、経済的事情が許す限りは。良い物なら、きちんと対価を払うことに躊躇しないですし、安くて粗悪な物よりは高くて良い物を選びます。みみっちい例かも知れませんが、ハンバーガーはモスバーガー、牛丼屋は松屋が一番のお気に入りです。良い物ならいくら払っても惜しいとは思わないんですよ。でね、じゃぁ、携帯電話はどうなのよ、って事なんですが、確かに、最近の携帯電話、すごいですよね。PHSなんて足元にも及ばないほどの高機能な端末がよりどりみどり、確かに、それだけのお値段ではあるけど、良い物なら対価を惜しまないんじゃないのか?と言われそうな雰囲気なわけですよ。でもね、私は、携帯電話が「良い物」だとは全然思えないんです。「すごい物」「楽しげな物」だとは思いますけどね。このニュアンスが伝わるかどうか、ちょっと心配なんですが、わかります?。仕事柄、最新(というか発売前)の携帯(特にDとVの次世代)に触れる機会が多いんですが、「へぇ、すごいなぁ」とは思っても「これは良い物だなぁ」と思うことは全然無いんですよ。これは、一緒に触れてる上司・同僚もそう思うらしく、「・・・すごいけど、こんなんいらんよね」という話にいつもなってるんです。「こんなのに高い金払うくらいならこの程度(社内PHSの端末を示しながら)でも十分だよね」、って言う感じ。純粋に、「それを持つことが目的」、つまり「遊びと割り切って」持つなら別にそれもありだし、楽しそうだなとは思うんですが、それを「良い物だと選び取る」か、と言われると、それは無い、と即答できちゃうんです。うーん、ニュアンスがうまく伝わったかやっぱり心配だなぁ。いや、ちらほらいただくんですよ、「携帯電話に対して卑屈になってませんか」というご指摘。私は、卑屈にはなって無いつもりなんですよ。ただ、最近の携帯はすごいけどPHSはそういうすごさはさっぱりだよね、と事実を述べているだけなんです。すごい、たのしそう、とは素直に思っても良いじゃないですか。ただ間違っても「すごい=良い」じゃないんですよ、ってことなんです、少なくとも私にとっては。むしろ、今、PHS/AirH”には惜しみ無くお金を使えるし、それは確かに「同じお金を使うならやっぱりPHSだ」とはっきりと思っているからです。払う価値があると言うことです。持つことが目的ならお金を払える携帯、と、持つことにより得られる価値に対する当然の対価として払えるPHS。この決定的な格付けの差、これだけの差がある上での、卑屈的(?)発言があると思って下さると幸いです。いや、つまんないことで長々と書いてしまいました、それでは。


00/00/00
過去ログ一覧へ